ミレニアムパレード(ミレパ)のメンバーは?攻殻機動隊のメインテーマで世界進出?

2020年4月からNetflixで大人気アニメ「攻殻機動隊SAC_2045」の全世界配信が始まりますが、そのメインテーマ音楽「Fly with Me」を担当するのがミレニアムパレード(ミレパ)です。

今回はミレパのメンバーや音楽について、詳しく調べてみました。

ミレニアムパレードとは?

ミレニアムパレードは「King Gnu」のリーダーである常田大希のソロプロジェクトです。

曲によってゲストボーカルを招いたり、ミュージックビデオではかなり尖った映像をクリエイターチームと共にコラボレートしています。

ボーカルにはCharaさんや、Black Boboiのメンバーでもあるermhoiさんが起用されたりしています。

ファッションブランド(DIOR)とのコラボレーションは話題になりました。

常田大希さんがリーダーを務めるキングヌー も話題ですよね!

↓キングヌー のメンバーに関する詳しい記事はこちらから↓

キングヌーのメンバー顔画像は?プロフィールとイケメン井口と常田の天才ぶりについて!

常田大希のプロフィール

  •  名前:常田大希(つねた だいき)
  • 生年月日:1992年5月15日
  • 出身地:長野県

常田大希さんの両親は、父親はジャズピアノが趣味のロボットエンジニア、母親はピアノの先生、ということで、自然に音楽に囲まれて育ちます。

ちなみに常田大希さんは

  • 日本クラシック音楽コンクールのチェロ部門 高校の部 3位
  • リットーミュージック最強プレイヤーズコンテスト2009 ベース部門 準グランプリ

というチェロでもベースでもその才能が認められています。

常田大希さんは東京藝術音楽大学に入学しチェロを専攻しますが、クラシックの道に生きるのは違う、と考えてもったいないことに1年足らずで中退してしまいます。

常田大希が率いるKing Gnuとは?

常田大希さんはKing Gnu(キングヌー)を抜きに語れませんが、King Gnuは全く違うプロジェクトで、常田大希さんはKing Gnuのリーダーであり、プロデューサーです。

King Gnu(キングヌー)の井口理さんも実は常田大希さんと同じ東京藝術音楽大学で、声楽を専攻していました。

しかし、二人は大学時代に特に縁があったわけではなく、常田大希さんが学園祭に出演することになり、7年ぶりに再開した常田大希さんと井口理さんはいっしょにバンドを始めることになります。

バンドメンバー全員が東京藝術音楽大学なんて、ものすごくインテリな感じがしますよね。

King Gnuは2019年の紅白にも出るほどメジャーな音楽をやっています。

その分ミレニアムパレードではより実験的なことをやっている、ということでしょう。

ミレニアムパレード(ミレパ)が攻殻機動隊のテーマ曲に

2020年4月からNetflixで始まる世界的な人気アニメ「攻殻機動隊SAC_2045」のテーマ曲に、ミレニアムパレードの「Fly with Me」が使用されることが決まりました。

ミレニアムパレードが攻殻機動隊に参加!ということで、常田大希さんも興奮気味のコメントを発表していました。

なんでも、ミレニアムパレード の世界観は「攻殻機動隊」から影響を受けいるとともに、今回使われる「Fly with me」という曲は攻殻機動隊の主題歌であるとともに自分たちの主題歌でもある、というくらいの思い入れがある、と熱く語っています。

今回の攻殻機動隊の配信は世界配信なので、一気にミレニアムパレードの知名度も上がるでしょう。

日本でもすぐにワンマンライブが完売しているほど人気のミレニアムパレードですが、世界ツアーをする日も遠くなさそうですね。

まとめ

今回はみんなが待ちわびていた「攻殻機動隊SAC_2045」の主題歌を担当する、ミレニアムパレードについて調べてみました。

ミレニアムパレードの常田大希さんは、レベルの高いかなりの才能の持ち主でしたね。

日本の文化とも言えるアニメと共に日本の音楽が世界に広がると良いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA