ママの自己紹介で子ども共に好印象に!「◯◯を伝えるように」話すなど知っておくべき4ポイント!

この記事は3分で読めます

 

皆さん、コンチは!

lenachamaでっす。

皆さん、これからお子さんが入園、入学など色んな機会があると思うけど、

やっと慣れたと思ったら卒園したりね。

この時期はママたち、本当に大変だよね。

初めての園や学校で、親睦会や保護者会があったり、色々あるよね。

私、自己紹介が超苦手で!

いつもアドリブなんだけど、いつも失敗してるのね。

これからは二人の息子がそれぞれ別の園に通うし、

子供の印象も下げたくないので、ちょっとまとめてみたよ

 

自己紹介の時って緊張する!?そのメカニズムは?

A fisheye image of a scared woman biting her nails.

自己紹介の場合、初めての場所だったり、初めての相手から

多くの視線や注目を集めるシチュエーションだよね。

「大勢の知らない人VS自分」という状況、

人間は動物的に「敵に囲まれている状況」と判断するらしいの。

そうすると、人は無意識に戦闘態勢に入るので、

筋肉に力が入り、呼吸や心拍が早くなり、血流や発汗が促され、

いわゆる戦闘態勢に入るらしい。

  • ドキドキする
  • 汗をかく
  • 顔が赤くなる
  • 呼吸が苦しくなる

これらの緊張状態はその「戦闘態勢」になることから起こるもの。

でも、緊張のない、ダラダラとした態度はかえって悪印象。

緊張を恐れず、適度な緊張状態を保ちつつスピーチよ!!

 

うまく自己紹介するコツ4つ

1.ゆっくりと話す

ダウンロード (4)

自己紹介など話すことにに対して、あせりがあると、

どうしても早口になってしまうのよね。

私もいつもこの早口に悩まされるのよね。

早く終わりたい!っていう焦りなのかしら??

これを周りから見ると、落ち着きがないように見えてしまう・・・。

分の話す内容を正しく理解してもらうためには、

電話番号を誰かに伝える時のようなペース

で話すことが大切なんだって!

これ、物凄くイメージしやすいよね!

 

2.少し高め、明るめのトーンで話す

images (11)

これもまた、高めとか明るめとか言っても

人によって違うよね・・・。

そこで、

~ドレミファソラシド♪~と歌ってみて!!(固定音階にこだわらず)

自分の声の「ソ」の高さの音を確認したら、

その声が、スピーチの第一声に最もふさわしい声なんだって!

きっと普段の声の高さより高いハズ!

「ソ」の高さは、地声の中で最も高い声。

「ラ」「シ」……となると、裏声になってしまうのね。

頑張って出す、一番高い自分の声が「ソ」の高さ。

意識的に「ソ」の高さを第一声として出すことで、

印象も明るく、元気で若々しくなるという。

あまり高すぎても良くないけどw、

緊張して自分のトーンが分からなくなったら、意識してみて!

 

3.笑顔(の口)で話す

image001

笑顔の口とは、あいうえおの「え」の口の形。

上の歯一列がきちんと見えて、口角があがり、キレイな逆三角に開いた口。

アナウンサーって、番組中、笑顔でいることが多いイメージだよね?

きちんと口を開けて、印象の良い発音を心がけているとそうなるらしい。

そして、その笑顔の口で話すことによって、

音の印象も良いし、口がきちんと開くので聞きやすいらしい。

笑顔の口から出る音は、笑顔の表情をしていて、

これを

「笑声(えごえ)」

と言うそう。

 

4.声とテンションを3倍上げてしゃべる

girl-shouting-into-loadhailer

緊張すると、筋肉が硬直して、声も出にくくなるそう。

そういう時は、深呼吸して余計な力を抜いて呼吸ができるように!!

そして、声の大きさはいつもより3倍は出すつもりで、

息を吐き出しながら話しましょう。

これを、腹式発声(ふくしきはっせい)と言って、

歌うときとかはこれが必要なのよね。

懐かしいなぁ、ボイストレーニングに通ってた頃・・・。

それから、「伝えたい」という気持ちも3倍に!

例えば「美味しい」と伝えるためには

独り言で「美味しい」と言う時の3倍くらい気持ちを高めないと

その「美味しい!」は相手に伝わらない。

思いとか、自分の声を聞いてる人に伝えることが大切!!

 

まとめ

色々と自己紹介をすることに関してまとめてみて、

当たり前だけど、

相手にきちんと伝えることが大切

だと・・・。

聞く人がいなければ自分が何者かなんて伝えなくて良いし、

結局、その場で、もしくは今後、関わる人達なんだし、

一回目で名前は覚えられなくても、

こういう人がいるよ、っていう印象を持ってもらいましょう、

っていうことなんだよね。

モチロン日が進めば、自ずと相手が見えてくるだろうし、

色んなコミュニケーションが出来ると思うけど、

第一印象って結構大事だし、その人が出るよね。

スーツやお出かけ服に身を包むだけではなくって、

こういう自己紹介の心構えも少し意識すると良いかもね!

さ!恐れず、入学式に向かいましょー!

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめカテゴリー記事

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031