子供の痰が切れない!夜中に酷くなる咳を治す方法、たんの出し方

この記事は3分で読めます

 

どもどもlenachamaでっす!

冬になると一番に気をつけたいのは風邪とインフルエンザよね。

とはいえ、ウチみたいに集団生活をしていると、

どうしても、手洗い・うがいだけでは防ぎ切れないことも出てくるのは事実。

ウチの息子は、気管が弱いのか、一旦風邪を引いてしまうと、

風邪は治っても咳だけは残ってしまう、という症状になってしまいます。

今回も漏れなくそのパターンにはまって、

夜中に吐きそうになりながら、咳をしている息子。

代われるものなら代わってあげたい・・・・。

親ならそう思う人も少なくないはず。

私も色々と研究を重ねたり、人やドクターから聞いたりで実践し

効果があったものを紹介したいと思いまっす!

images-3
スポンサードリンク

子供の痰の出し方、処置の仕方

咳がひどくなったら、まず身体を起こす

home-remedies-to-cure-cough-and-cold-01

発作のような咳が出て、思わずビビってしまったことはありませんか?

私は、そんな経験が何度とあります。

痰がなかなか切れず、吐いてしまったり。

そんな時に大切なのが

子供の姿勢

ウチの場合のように、小さい子は咳で痰が切れず、

戻してしまうこともあります。(寝ている夜中が多いのですが)

そんな時、上を向いたまま寝ていたら、戻ってきたものが気道を圧迫して

呼吸ができなくなってしまうことも!!

あまりにその自体に必死すぎて、本人が起き上がれなかったり、

赤ちゃんで、起き上がれないこともあったりするので、

必ず縦抱きするか、上半身を起こしてあげてくださいね!!

 

水分補給しながら背中を優しく叩く

images-4

痰が出なくて苦しんでいる、というのは

痰の粘り気が多い

痰が喉に張り付いてしまっている

という状態なわけです。

まず、粘りを薄めさせるためには水分補給が1番!

直接、ゆっくりと水を飲ませて

張り付いている痰を柔らかくしてあげましょう。

背中もポンポンと優しく叩くことで痰が切れやすくなります。

この力加減は人それぞれなので、説明が難しいけれど、

強く叩いてしまった場合、逆にむせることがあるので注意!!

愛情を込めて、優しく叩いてあげましょう!

 

ホットはちみつを飲ませる

cold-and-cough-in-children-home-remedies

ウチでは、もはや定番で、

息子も咳で苦しくなると

「ママ、はちみつ!」とリクエストをするほど。

作り方は非常に簡単。

はちみつをコップに入れ、熱湯で溶かし、冷水で温度調節をします。

はちみつには咳の鎮静作用があるそうで、

本当にふっと治るので、とても重宝しています!

佐藤がわりにも使えるし、家に常備しておきたいところ!

また、温かい飲み物というのもポイントで、

なんか、精神的にも落ち着くみたい。

もちろん、これは子供に限らず、大人にも有効なので、

ぜひ、咳で辛い時には大人もはちみつを試してみてくださいな!

(私も現在、ちょうど息子の風邪がうつって、使用しています・・・)

 

こまめに鼻をかむ

kid-blowing-nose-2-660x660

そもそも痰というのは鼻水などが喉の方まで落ちてきている状態。

なので、鼻をかむのは非常に大事になります。


ママ鼻水トッテ【楽天24】[ママ鼻水トッテ 鼻吸い器]

amazon_btn  rakuten_btn

小さい子供はなかなか上手に鼻をかめないので、

こういう器具を使うのもオススメ!

うちの二人の息子は、この器具、

大っ嫌い

ですw。

でも、だからってそれ以外にうまく鼻水を吸引する方法もないので、

寝かせて、太ももで子供の頭を挟み、

子供の両手も太ももで敷いて・・・・

とかなりアクロバティックで、一瞬虐待のような姿に・・・

とても、パッケージのイラストみたいにママも子供も笑顔で・・・

なんて事はありません。。。w

でも、これも子供のため・・・

毎回泣かれるけど(涙

でも、鼻水が吸引された後は、鼻がスーーーッとして気持ち良さげ。

 

必ず病院で受診を!

girl-with-clothes-of-doctor-and-teddy-bear

結局病院かよ〜!って事になっちゃうかもしれないんだけど(汗

やはり、素人の判断は恐ろしいです。

咳も、咳の種類によって、風邪だったり、百日咳だったり、喘息だったり、咳喘息だったり、

と様々なパターンがあるので、

その症状によって、処置の仕方も違ってきます。

ウチの息子の場合も、最初は風邪だと思ってたんだけど、

喘息まではいかないけど、聴診器で少し胸がヒューヒュー言っている、という事で、

気管支炎という判断が下りました。

そして、キプロスという気管支に対する薬を寝る前に1度、

飲むことになりました。

これは、ただ単に風邪薬に含まれている咳止めでは効かないもの。

また、このキプロスという薬は、即効性はなく、

効いてくるまでに1週間はかかってしまうので、

早めの対応が良いかと思います!!

 

まとめ

そんなワケで、実体験も踏まえながら痰の出し方、咳の治し方をまとめてみました。

咳は酷くなると子供本人も大人も寝れないんので、

色んな意味で辛いです。

この情報で、一人でも多くの子供たちが、少しでも早く辛い咳から解放されて、

親子ともにぐっすり寝れますように・・・。

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめカテゴリー記事

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031