今年もきた!大人気ほうじ茶フラペ

育児休業の延長手続きや、必要書類に関して。提出遅れに気をつけて!

育児休業ってどんな制度なのよ!気になった人は私だけではないと思っています。

私の周りでもとっている人もいれば、保育園に無事に入園できたので、使っていない人もいますが、私も将来のために調べておこう!

というわけで、今回は育児休業制度について調べていくわよ〜。

育児休業(育休)ってどんな制度!?

育休の正式名称は育児休業っていうのよね。

昔は、二つの制度に分かれていたものが、合わさったみたい。

厚生労働省のサイトから見れるけども、育児・介護休業法に基づいて子どもを養育する労働者が取得できる休業がいわゆる育休!

育児休業(育休)とは何かを特徴を挙げていくわね。

  • 男女関係なく取得できる
  • 正社員だけではなく、派遣社員、契約社員でも取得することができる

何!?正社員じゃないと取れないのかか!いえいえ安心してください。正社員でなくとも、とることはできます。

ただーし、条件に該当する人がね。

  • 同一事業主で1年以上働いている
  • 子どもが1歳になっても雇用されることが見込まれる
  • 1週間に3日以上勤務している
  • 期間雇用の場合は、子どもが1歳になってからさらに1年以上あとまで契約期間がある

上記の条件に当てはまる人は育休を取れるみたい。

きになる人は厚生労働省ページから相談場所とか記載があるだろうから、育休について確認をしてみたほうがいいわね〜。

育休を延長するために

この育休、今までは1年半までしか取得ができなかったのよ!それが、法改正があって、平成29年の10月から2年までの延長ができるようになったみたい。

条件をしたに書いていきます。

条件

まずは、育休の基本的な期間についてだけども、「子どもが1歳に達するまで」の1年と決められいます。

1歳を超えても休業が必要だと認められる場合のみ!

子どもが1歳6カ月になるまで延長することができるのだそうです。

延長できる条件って何!?

①保育所に入所を希望し、申込みをしているが入所できない場合

②子の養育を行っている配偶者が、やむを得ない事情で養育が困難となった場合

なるほど。この文章でわかるかしら。

具体的にやむをえない場合ってどういうことなのかしら。

やむを得ない事情とは具体的に、

  • 死亡したとき
  • 負傷、疾病又は身体上若しくは精神上の障害により育児休業の申出に係る子を養育することが困難な状態になったとき
  • 婚姻の解消その他の事情により配偶者が育児休業の申出に係る子と同居しないこととなったとき
  • 6週間(多胎妊娠の場合にあっては、14週間)以内に出産する予定であるか又は産後8週間を経過しないとき(産前休業を請求できる期間又は産前休業期間及び産後休業期間)

、などをが当てはまるようです。

①の保育園に関しては、無認可保育園は対象とならないから気をつけて。

認可保育園のみが対象になります。

育休の延長は、厚生労働省が管轄の制度だから、ハローワークかな?が認定をしてくれなければできません。

政府ってのは、お堅いからね。正当な理由がないと延長はできないと思っておいたほうが精神的に楽だわね。

必要書類・手続き

次に必要な書類や手続きについて説明をします。

育休が終わったとして、まだ入所できる保育園がない場合は役所へ行きます。

役所では、「不承諾通知書」が発行されて、通知書を会社に提出します。

自治体によっては違うみたいだから、気をつけてください。自分の地域の自治体を確認しておくのがベスト!

「育児休業申出書」には、

  • 申出に係る子の氏名
  • 生年月日
  • 労働者との続柄
  • 休業開始予定日及び休業終了予定日
    など

上記を埋めて、希望通りに休業するためには、休業開始予定日(1歳の誕生日)の2週間前までには申し出が必要だそうです。

育休(延長)中の社会保険とお金について

社会保険

産休・育休中の社会保険料は免除されます。

これは育休中のママにとっては嬉しい!

ただし!「産前産後休業取得者申出書」を日本年金機構と健康組合への手続きが必要になるみたいだから、要注意。

注意

育休中の社会保険料が免除される期間

育休を開始した日の月

終了する予定日の翌日の月の前月まで

育児休暇給付金「延長」に必要な手続き・書類

育休中は、雇用保険を支払っている人が条件になるけども(細かくは調べてね)書類を提出することで、育児休業給付金がもらえます(いただけます!)

育休延長をする時の理由により、多少書類は変わる可能性があるので、聞いた話によると大丈夫!だなんて思わずに、事前に確認をして、理解をしておきましょう。

  • 入所不承諾通知(通知の名前は自治体ごとに異なるかも)
  • 入所申込書の写し(入所申込み日、入所希望日の確認のため)
  • 母子手帳」の写し(出生届出済証明記載のページ)※入所不承諾通知書に育児休業取得者の名前が明記されていない場合
  • 住民票(離婚した・配偶者が死亡の場合)
  • 診断書(病気・ケガなどの場合)

「延長」申請期間

延長申請を行わないけど、勝手に更新がされるような制度ではないから、申請日を確認しておくといいわね〜。

遅れても、今回だけは特別に…なんて甘くはないんから、早め早めに動いておくようにしましょう。

育休を知っておくだけで違う

育児休業が取れなくて子育てと仕事で大変な思いをしたって人がいるかもしれないですよね。育児休業っていろいろと手続きとか、厚生労働省のページをみてもわかりづらいし諦めたくなるけど、申請さえ一度してしまえばきっと楽だから事前の確認をしてみてね。

何より、延長の手続きには気をつけて!延長の書類も確認をして、前準備をしてくのがオススメ。分からなければ、厚生労働省ページから、電話相談できる場所を探すのも手なので。

一人で抱え込まないように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA