マクドナルド爺さんの農場の歌詞「イーアイイーアイオー」の意味は?英語では?

皆さん、マクドナルド爺さんの農場の歌、って知ってますか??

「イーアイイーアイオー」ってやつです。

息子が毎日のように歌ってるんですが、英語でもめっちゃポピュラーなこの歌。

サビの部分「E-I-E-I-O~」って歌ってますよね。

何か、私的には最近メチャ気になるんです!

っつうわけで、まとめてみました〜〜!

「イーアイイーアイオー」で有名なこの曲の曲名

まず、この原曲の方です。

これ、アメリカの民謡なんだそうですよ。

曲名は

”Old MacDonald Had a Farm”

で、日本語バージョンの曲名は

「ゆかいな牧場」

これまた端折った感じというか、何というか、昔の映画のタイトルが日米全く違う、って感じで日本ならではの意訳な感じですね。

映画の

“How to Steal a Million”→「おしゃれ泥棒」

“A team” → 「特攻野郎 Aチーム」

みたいな。

より内容をちらつかせる感じのタイトリングをしてますよね。

嫌いじゃない、この感じ。

ちなみに「アルプス一万尺」も外国の民謡かと思ってたら、

これは単に日本の曲だっですw!

アルプス一万尺についての記事はこちら

アルプス一万尺・歌詞のこやりの意味は?こやぎ?替え歌!小島よしおも?!

あと、気になったドナドナの歌についての記事はこちら

ドナドナされる?歌詞の意味から見える真実とは?

Old MacDonald Had a Farmの歌詞

Old Macdonald had a farm, E-I-E-I-O
And on his farm he had some chicks, E-I-E-I-O
With a “chick-chick” here and a “chick-chick” there
Here a “chick” there a “chick”
Everywhere a “chick-chick”
Old Macdonald had a farm, E-I-E-I-O

Old Macdonald had a farm, E-I-E-I-O
And on his farm he had some ducks, E-I-E-I-O
With a “quack-quack” here and a “quack-quack” there
Here a “quack” there a “quack”
Everywhere a “quack-quack”
Old Macdonald had a farm, E-I-E-I-O

ゆかいな牧場の歌詞

いちろうさんの 牧場(まきば)
イーアイ イーアイ オー
おや ないてるのは ひよこ
イーアイ イーアイ オー あら
チッチッチッ ほら チッチッチッ
あっちもこっちも どこでもチッチッ
チッチッチッ ほら チッチッチッ
あっちもこっちも どこでもチッチッ
いちろうさんの 牧場で
イーアイ イーアイ オー

じろうさんの 牧場で
イーアイ イーアイ オー
おや ないてるのは あひる
イーアイ イーアイ オー あら
クワックワックワッ ほら クワックワックワッ
あっちもこっちも どこでもクワックワッ
クワックワックワッ ほら クワックワックワッ
あっちもこっちも どこでもクワックワッ
じろうさんの 牧場で
イーアイ イーアイ オー


アメリカ版と日本版の歌詞比べ

usa_and_japan_flags_with_icons_sillhouettes_by_super_marcos_96-d7941u0

実際にアメリカ版と日本版の歌詞を比べてみましょう。

登場人物の違い

まぁ、翻訳家さんも「マクドナルド爺さん」という言葉を1小説の中にどう当て込むか、

相当困ったと思いますね。

そこでマクドナルド爺さんの代打として出てきたのが

いちろうさんwww

今ならまぁ、野球選手のイチローのイメージとかあって、ちょっとかっこいいけど。

昔、小学校で歌ってた時もこのイチローさんに違和感がありましたw、私。

それだけにとどまらず、

じろうさん、さぶろうさんと・・・この歌詞、6番まであるので最後はもちろん、

ろくろうさんwww。

英語の方はマクドナルド爺さん1人しか登場人物はいないのに・・・w。

イーアイイーアイオー

この部分、皆んなもちょっと疑問に思いながら歌ってた、と私は勝手に思っていますが、英語の方は頭文字で

[E-I-E-I-O]

なんです。

日本語の方はさすがの翻訳家さんもどうしようもなくて、

イーアイイーアイオー

と泣く泣く妥協したと思われるw。

じゃあ原曲のアメリカ版の方の歌詞から紐解いていきまっす!

E-I-E-I-Oの意味は?

参考URLの英語Wikiによると、
この歌の古いバージョンの一つ、

1917年の本に収録されている第一次世界大戦のころの歌では

問題の掛け声のところが

in Ohio-i-o インオーハイオーアイオー

となっていたそうです!

歌詞に出てくるマクドーナルド氏はアメリカのオハイオ州、首都コロンバスに大邸宅があるそうで、時々彼のお家にはサ-カス団も訪れてショーをやるほどの金持ちっぷり!

また、現在では辞書で調べると

気勢をあげる掛け声

と表記されていることもあるそう。

え!日本語の掛け声、エイエイオーはE-I-E-I-Oから?

img662

いやー、私、ビックリしました!

だって、E-I-E-I-Oをローマ字読みすると「エイエイオー」じゃないですか??

も・・・もしかして・・・・と思ったので調べてみた。

エイエイオーは戦国時代から使われていたそうで、

戦の始めに両軍は声を出してから相対したそう。
大将の「えい(鋭)、えい(鋭)(前進激励の意味)」

の掛け声に対して軍勢一同が

「おう(応)!」

と声を合わせて答えた。

「さあ、戦うぞ!」「おぅっ!」っていう意味ですね。
これを三回繰り返し士気を鼓舞したそうです。

運動会などで使われているのは納得。

そんなワケで

E-I-E-I-Oと日本語の「エイエイオー!」は単なる偶然の一致で、

両者間に全く関係なし!

ってな事っした!

まとめ

そんなわけで、E-I-E-I-Oについて色々と調べてみましたが、個人的に色んな疑惑が晴れてスッキリしだ感じです。

それにしても、こんな国を超えてまでもの偶然の一致ってあるものなんだなぁ、と不思議な気分です。

しかも、こんなにも時代を超えて!

言葉ってやっぱり面白いですね!!

これからも、気になった言葉を色々と調べていこうかと思った次第です!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA