今年もきた!大人気ほうじ茶フラペ

授乳を見られたくないのに見られた、ママの本音は?

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

この記事を読むかたは、毎日の子育てで忙しい時間をお過ごしと思います。

子育てをする時にまず始まるのが授乳タイム!ですよね。

様々な出産のドラマがあったと思いますが、

感動的な対面を果たしてからスグに授乳の毎日が始まります。

ミルクで育つ赤ちゃんもいれば、授乳で育つ赤ちゃんもいますし、

ミルクと授乳の混合で育つ赤ちゃんもいて、そのスタイルは人それぞれでしょう。

今回はその中でも母乳で授乳している時に見られたくないのに見られてしまった、、、

そんなママの本音についてまとめてみました!

皆さんはそんな恥ずかしく思ってしまった授乳経験はありますか?

もしくはそんな経験をしたくない!と思っている人もいるかもですが、

その辺り、私も子育てをしているママとして、体験談なんかも入れながら見ていきましょう!

授乳を見られたくないのに見られてしまった

母乳で授乳していると、ミルクのようにお湯を水筒に入れて持ち歩いたり

粉ミルクを持ち歩いたりする手間は省けますので、どこでも授乳し放題!

そして、何より経済的!

赤ちゃんをさほど待たせる事なくすぐ授乳してあげれると言うのがメリットとしてあります。

でも授乳と言えど、自分のおっぱいから母乳を飲ませてあげるわけですから、
環境によって、やはり見られたくないなってママは多いと思います。

例えば、親戚のお宅に遊びに行った時に授乳するので、、、と違うお部屋を借りたり、
(悪いことをするわけじゃないんだけど、タイミング悪いとか、気まずいとか、そんな風に思ったりして!!)

見えないところで授乳していたら、親戚がかわいい~♪なんてのんきな事をいいながら授乳してるところを見てきた! とか、

お出かけ先で授乳室に入ったのに、カーテンをあけられて授乳を見られてしまった!

とか、赤ちゃんが産まれるといろんな事に神経質になりやすかったりしますよね。

旦那さんに授乳するから、と伝えたのに授乳してるところを見られてた!

 

とかこれはよく聞く話でもあります。

 

恥ずかしいんですよねママとしては。

これ、2人目とかになると違ってくる、っていうママもいたりするんですが。

とにかく、全てが初めてのママには抵抗が多い、って話はよくあります。

旅行、帰省などで飛行機や新幹線を使うけど、授乳をどうしよう、って言うママはこちらの記事もどうぞ!↓

飛行機や新幹線での授乳、どうする?

母乳で授乳してる時は一応確認を

母乳で授乳をしている時に見られたくないママはたくさんいます。(私もそうでした)

赤ちゃんは赤ちゃんらしさがあってとってもかわいいのはわかりますが、
かわいさの中にもデリケートな部分はつきものです。

お母さんも赤ちゃんは見てもらって結構だけど、自分のおっぱいとなると・・・

と躊躇してしまうかたも多いんではないでしょうか!

母乳で授乳をしているママは、もし人がいるところであれば、

「これから授乳するので見ないで下さい。」

と勇気を出して伝えるのがベスト!

「見ないでください」とはなかなか言えないかもしれませんがw、

「授乳するけど、こっちは気にしないでくださいね」

と言えば大抵の人は見ないようにする・・・・はず・・・・w。

(本当にそこにいる人が自分とどんな関係性か、ということもデカイですが)

また、逆に近くにいる方も母乳で授乳をしているところを見られたくないお母さんはたくさんいると思うので、
授乳の様子を見たい気持ちもわかりますがそこは配慮してあげてほしいです。

こんな何にでも合いそうなポンチョも授乳ポンチョもあるんですね!↓

授乳を見られたくなかったけどどうでもよくなった体験談

これはあくまで私の体験談ですが、親戚が子供が産まれたばかりの時にお見舞いに来てくれた時の事でした。

1人目の子供であたふたしていた私は、子供が泣いていたので母乳で授乳をしました。

するとその親戚の方が、急に写真を撮り始めました。

仲もいいので悪用(?)はしないのはわかっていましたが、さすがにビックリもして見られたくなかったなと思うように。

実は私、助産師さんの母乳指導の時も、助産師さんにおっぱいを出したり触られたりするのがかなり抵抗がありました。

でも何ヵ月もたってきて、外も出歩くようになってきた時、回りの方の授乳室で授乳を見ていると、

皆さん気にせずぼろん!とおっぱいを出して授乳しているのを目撃して、

かなりの衝撃でした!!

「あんまり気にしすぎるのもよくないかもしれない」

と思うようになり、

私も途中からはどこでもぼろん!と出して

あまり気にせず授乳していました。笑

これがきっと母乳の授乳に対する慣れなんだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

授乳を見られたくないけどどうしてもあげなければいけない!

そんな時は、やはり授乳ケープなどのアイテムや、大きめのカーディガンなどを使って、

どこでも授乳できる空間を自ら作ってしまえばいいのです。

授乳ケープをわざわざ買わなくても、バスタオルやガーゼタオルなんかを巻いてしまえば簡単に隠せます。

ようは隠せちゃえばいいので、皆さんもフランクに母乳の授乳を楽しみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA