野菜の保存方法と賞味期限を知って美味しく節約!

この記事は4分で読めます

 

どもども!lenachamaです。

野菜の値段が高騰している昨今、ちょっと安売りしているついつい嬉しくて買っちゃうんだけど、

気がついたら冷蔵庫で野菜が腐ってた、ってこと、ない??

なんか、妙に落ち込むよね。

野菜の保存方法と賞味期限を知って、無駄なく美味しく食べて、

節約、健康、全部盛りなお得情報、まとめるわよっ!!

 

野菜の賞味期限

常温保存の野菜

b0324063_1283782

ウチは面倒臭いので全部冷蔵庫に入れちゃってるんだけど、
根菜類は常温保存が適しているのだそう。
泥などは落とさず、カットせず丸ごと保存。
日の当たらない暗い場所で保存しましょ。
新聞紙やカゴ、ダンボールがあると便利!
いずれの野菜も一度カットしたものはラップなどに包み冷蔵庫へ・・・。

 

○5日以内
なす 3日(冷蔵だと1週間)

○1週間~2週間
ごぼう 10日
白菜 2週間(丸ごと)

○1ヶ月~3ヶ月
さつまいも 1ヶ月
たまねぎ 2ヶ月
かぼちゃ(丸ごと)3ヶ月
じゃがいも 3ヶ月

 

結構もつものもあるんだねー。
この、丸ごとってのもミソだよね!カット野菜だとそうはいかない!!

 

冷蔵保存の野菜

images (1)

葉物などの水分が多い野菜は冷蔵保存が基本。

○5日以内
きゅうり(3日)
だいこん
人参
レタス(4日)
アスパラ
大葉

○1週間程度
セロリ
ピーマン
もやし(水にひたした状態)
だいこん(10日)
ほうれん草

○2週間
きゃべつ(丸ごと)
トマト

きゅうりなんかまとめ売りしてるとついつい手が出たり、

大根も1本100円くらいだとついつい手を出しちゃうんだけど、

意外に期限が短いのでレシピを考えてから買う方が賢明かもね。

スポンサードリンク

 

野菜ごとの保存方法

冷暗所保存

69e0894c7fb3b37a1a81c674ed4c6128

冷暗所とは、つねに常温以下で、太陽光線の当たらない場所のこと。
玄関や床下などが適しているそう。
ウチはそんな場所ないんだけどそういう場合は冷蔵庫の野菜室を代用。(ほっ)

【じゃがいも】
新聞紙にくるむか、ダンボールなどに入れて保管。
明るい場所に置いておくと、有毒物質のソラニンが増えやすくなるので要注意!

冷蔵庫で保管する場合は、乾燥を防ぐため新聞紙などでくるんでナイロンの袋に入れて保存するのがベター。

【たまねぎ】
湿度に弱いたまねぎは常温保存か冷凍保存が最適。
皮のついたまま、ネットなどに入れてつるしておくのがおすすめ。
またはカゴやダンボールに入れて、日陰で風通しがよい場所で保管しましょ。
冷凍保存の場合は、食べやすい大きさか薄くスライスし、保存袋にいれて保存。

【かぼちゃ】
丸ごとのかぼちゃは風通しのよい場所で保存しましょ。

カットする場合は、傷みやすい種とワタ部分を取り除きラップをし野菜室で保存。
1週間ほど持つそう。

 

野菜室で立てて

5104CGXhGqL._SX425_
葉物や白菜、アスパラガスなど立って生えている野菜は、
横にすると起きようとしてエネルギーを使い、栄養も失われるんだって。
立って生えている野菜は、生えている状態に近づけて立てて保存がベスト。
【きゅうり】
きゅうりの賞味期限は野菜室で2~3日。
袋に入れて立てて保存、ヘタを上にして保存するといいそう。

きゅうりは冷やしすぎると傷みやすくなるので、
袋に入れるかラップで包んでで保存するのがおすすめ。

あと、輪切りにして塩漬けしておくと、サラダとかで使うときは美味しいよ!

 

【だいこん】
新聞紙でくるんで立たせた状態で保管。
根と葉は分けて保管するのがポイント。
カットした大根は水気が飛ばないようにラップなどで包んで保管し、
なるべく早めに使い切りましょ。

 

【アスパラ】
ビニール袋などに入れて立てて保存。
寝かすと穂先が起き上がろうとしてエネルギーを使うので鮮度が落ちるそう。
ゆでて冷凍しておくものおすすめ!

 

【にんじん】
水気を嫌う人参は水分をふいて、一本ずつ新聞紙に包んで保存。
立てて置くとより長持ち。

 

 

野菜室で寝せて

乾燥や酸化に気を付けて!

【ピーマン】
穴のあいた袋に入れて野菜室で保存。

冷凍保存もできるピーマン。
縦に半分にカットし、ヘタを取り、水洗いし、フリーザーバッグに入れる。
1ヶ月ほど持ちますよん。

 

【トマト】
完熟したトマトはビニール袋などに入れて野菜室に。
ヘタを下にして保管。

熱い時期でなければ常温保存も可能。
少し青いトマトは常温保存で追熟させることが可能。

 

【キャベツ】
丸ごとのキャベツは芯をくり抜きキッチンペーパーを水で濡らして詰めておく。
使うときは、カットせず外側の葉から1枚1枚剥がすように。
カットされたものは、ラップをして早めに使いきるようにしましょ。

新聞紙やビニール袋でくるんで

P1080040

冷気が苦手な野菜や保湿が重要な野菜は新聞紙やビニールにくるんで保管。
くるむことで温度や湿度が調節できるよ。

 

【なす】
水分が蒸発しやすく、しなびやすいなすは、1個ずつラップにくるみ野菜室へ。
冷やしずぎに注意してなるべく早めに食べきるのがベスト。
長く保存したい場合は、調理するか冷凍するのがおすすめ。

 

【白菜】
常温で保存する場合は、丸ごと新聞紙に包んで暗く風通しの良い場所で保存。
冷蔵保存する場合は、芯に切り込みを入れて湿らせた新聞紙かラップで包んで保存。
使うときは外側の葉をはがすよう使っていきましょ。

【レタス】
ラップに包んで芯を下にして保存。
レタスは乾燥しやすい野菜なので乾燥させないことがポイント。
濡れた新聞紙などに包んで袋に入れるなど工夫しましょ。
またキャベツのように芯をくりぬき、キッチンペーパーを詰めておくのもおすすめ。

【小松菜やほうれん草】
濡れた新聞紙やキッチンペーパーで包んで立てて保存。
葉物は傷みやすいので、乾燥させないようにするのがポイント。
新鮮なうちに使いきるが、冷凍保存しておきましょ。

買って来たらすぐにしておきたい下処理

ビニール袋から出す

images (2)

結構、スーパーの袋に入れたまま冷蔵庫に突っ込んじゃう私・・・。

湿気を好まない野菜を保管する場合はビニール袋から出すようにしましょう。
例えば、たまねぎやニンニクは収穫後乾燥させて出荷されます。
買ったときの袋に入れたままにせず、つるしたり、カゴにいれての保管がおすすめ。

また、野菜の保存に活躍するのが新聞紙。
新聞紙は適度に保湿・保温をしてくれるので、冷気が苦手な野菜の保存にも最適。

葉っぱを切り落とす

images (3)

大根やカブなど葉がついた野菜は、葉っぱから水分が抜けてしまうそう。
また、葉っぱが根の養分を吸ってしまい風味が落ちてしまうのだとか。
葉っぱは切り落として別々に保存しましょ。
ビニール袋や保存袋に入れて保管するのがおすすめ。

 

まとめ

野菜は育った環境に近い環境で保存することが大切なんだそう。
目安の賞味期限はあるけど、

鮮度が落ちると栄養価も落ちてしまう

のでなるべく早めに食べきりましょ。

野菜の保存に便利な新聞紙やキッチンペーパー、保存バッグなどを常備しておくと便利。

ウチは新聞を取ってないので、実家に行ったら必ずもらってくるよ。

野菜を正しく保存して無駄のないよう使い切りたいね!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめカテゴリー記事

2004年1月
    12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031