今年もきた!大人気ほうじ茶フラペ

網戸の簡単な掃除方法、新聞紙やストッキング、重曹でこんなにキレイに!

網戸の掃除は大変?

年末の大掃除の時期。夏が迫ってくる春先の時期。

それくらいの時期になると、気になってくること。

「網戸掃除」

やらなくちゃいけない!

そうは思っても、どうやって掃除すれば綺麗になるのかいまいちわからない……。

網になってしまっているせいで、拭き掃除などをしても綺麗になっているのかが、

ぱっとみではわからなかったりするので、大変……。

っていうか、網戸の汚れっていまいちわからないから掃除する必要あるの!?

なんて思う人もいるかもしれませんが、やっぱり一番家の外側にあることが多い網戸ですから、

放っておくと汚れがたまっていってしまいます。

実は、網戸の汚れがたまっていると部屋の中に入ってくる日照量が変わるんだそうです!!

と、言うわけで今回は、そんな網戸掃除を簡単にできる方法をご紹介します!

網戸の簡単掃除グッズ

さて、ここでは、網戸掃除を簡単にするために使えるアイテムを紹介していきます。

掃除をするときには、実は役に立つアイテムがあるんです。

とはいっても、そのアイテムも簡単に集められるものばかり。

実はこんな身近な掃除グッズで簡単に掃除できるんです!

新聞紙

そのアイテムの一つ目が「新聞紙」

使い方を紹介しましょう!

  1. 網戸の外側に新聞紙をテープで貼り付ける。
    →この時なるべく新聞紙を全面に隙間なく張り付けるようにしましょう。あまり粘着力の強いテープで新聞紙を貼ってしまうとはがすときに粘着部がついてしまうことがあるので注意が必要です!
  2. 内側から掃除機を当てて、普通にほこりを吸い取ります。
    →この時、あまり力を入れて吸い過ぎないようにしましょう!あまり力を入れすぎると網戸が破れてしまうこともあるので、注意しておきましょう。
    撫でるように動かすだけでホコリは取れます。

やることはこれだけ!

新聞紙のおかげで掃除機の吸収力が無駄にならず、簡単に網戸のほこりが取れるので、

まずはこの方法で掃除をするようにしましょう。

汚れが目立つときにはこれだけでも十分綺麗になります!

ストッキング

二つ目のお役立ちアイテムが「ストッキング」

電線してしまったストッキングなどでいいので、捨てずにとっておいて、

それを使うようにするといいのではないでしょうか。

これもやり方は非常に簡単です!

  1. ストッキングの中に布(古着や雑巾など)を入れます。
    →中に詰めるものもすぐに捨ててしまえるようなものにすると片付けなどもいらないので手軽です。
  2. そのストッキングを網戸に軽く当てるようにして滑らせるだけ!

これだけです。

非常に手軽にできるのでお勧めです!

どうして軽く滑らせるだけでホコリが取れるのでしょうか?

それは、静電気が起きるからです。

ストッキングを網戸の上に滑らせると、それで静電気が起きます。

それでホコリが取れるわけです!

するすると取れるので、見ていて気持ちがいい! というような人も少なくないようですね!

重曹


最後のアイテムが「重曹」です!

掃除をするときに大活躍するアイテムの一つ。重曹。

もちろん網戸掃除のときでも重曹は大活躍してくれるわけです。

それに合わせて、メラミンスポンジ(百均などに売っているので簡単に手に入れられますよ!)を使うと、汚れが落ちやすくなります!

さて、その使い方をご紹介しましょう。

  1. まず大きめのメラミンスポンジ、水道水入りのバケツを用意します。
    →メラミンスポンジはなるべく大きい方が掃除しやすくなるのでお勧めです。水道水は綺麗なものを使いましょう。スポンジを洗うのに使います。
  2. 水1リットルに対して大さじ1杯の重曹を溶かした重曹水を作り、スプレーに入れましょう。
    →スプレーも百均で簡単に手に入れられるので合わせて買っておきましょう。重曹水を入れるだけなら使いまわしもできるので便利です!
  3. 網戸にスプレーを吹き付けて、スポンジでこすって汚れを落としましょう。

これだけです。

上の二つに比べると用意するものは多いですが、これでかなり汚れは綺麗に落ちるので、

最後の仕上げにすると、見違えて綺麗になります!

ついでに網戸のサッシも掃除

網戸を綺麗にするのに合わせて、サッシも綺麗にしてしまいましょう!

実はこの掃除にも新聞紙が使えるんです。

合わせて掃除してしまうのが手軽、というわけですね。

その方法も簡単なので、ご紹介します!

  1. 新聞紙と水を用意します。
    →ボウルやバケツなどに水を入れて用意しておきましょう。
  2. 新聞紙を水につけて濡らす。
  3. 濡らした新聞紙で窓のサッシを拭きます。
    →深い溝にもしっかりと入ってくれるので、綺麗に掃除することができます。
  4. 最後に、乾いた新聞紙で乾拭きしましょう。
    →水が残っているとほこりが付きやすくなってしまうこともあるので、丁寧に拭くよう

にするとよいでしょう。

これだけでかなりサッシがきれいになるのでお勧めです!

新聞紙だと布だと入りにくいところまでしっかり届くので隅々まで掃除できます。

まとめ

新聞紙、ストッキング、重曹などの手軽なアイテムで簡単にお掃除!

どれも簡単に手に入れられるものなので、網戸の掃除の時には用意しておくと便利です!

特に小さい子供がいる場合はベタベタ手で触ったりすることもあるかもしれないので、

網戸は清潔に保つことをおススメします!

手軽に楽しくお掃除しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA