今年もきた!大人気ほうじ茶フラペ

加湿器掃除はクエン酸運転をすればいい?濃度は?

冬など、乾燥する時期になると重宝される家電、加湿器ですが、

「加湿器は水を水蒸気にして飛ばしているだけだし、汚れなんてたまらない」と。

でも、水を使っているからこそ起こる汚れ、「水垢」がついてしまうのです。

今回は加湿器はどうやって掃除すればいいのか、を説明していきます。

加湿器の掃除

加湿器の水垢を定期的に掃除しないと、自然と出てくる水蒸気も汚くなってしまう、というような結果になります。

汚れを撒き散らしてる加湿器なんて嫌ですよね。

ただ、どうやって掃除すればいいのでしょうか??

そんな時に役立つのが「クエン酸」です。

食べ物では酸味を生み出すものとして知られているクエン酸。

そんなクエン酸が実は掃除方法として役立つのです。

と、いうわけで、クエン酸を使った掃除方法を詳しく見ていきたいと思います。

クエン酸運転が掃除に役立つ理由

まず、どうしてクエン酸が掃除に加湿器掃除に役立つのか、という理由についてみていきましょう。

この水垢、というのは、カルキ、というものが凝固してできます。

カルキというのは、次亜塩素カルシウムというもので、殺菌や消毒のために配合されているものです。

普通の水道水に入っているものなので、このカルキには有毒性はありません

汚れているからと言っても直接有害なものではないのでご安心ください。

このカルキはアルカリ性の物質なのですが、それがクエン酸が掃除に役立つ理由につながっています。

クエン酸は弱酸性のため、アルカリ性の汚れを落としやすくする効果があります。

↓このクエン酸なら食にも使えるグレードです!あと送料無料なのも嬉しいですね!

よくわからない化学物質ではなく、日常的に口にする食べ物の中にも多く含まれているクエン酸を使うというのは、安心できますよね。

子供やペットがいる家では特に安心です。

クエン酸でどうやって加湿器を掃除をするの?

どうしてクエン酸が加湿器掃除に効果があるのかがわかったところで、

実際に加湿器を掃除する方法を見ていきたいと思います。

  1. まず、クエン酸を用意します。加湿器の水の容量にもよるのですが、
    濃度が大体0.6~0.7%程度のもの(1リットルのお水に対して小さじ1強)を作ります。
    使うのはお湯の方が良いでしょう。
  2. 出来上がったクエン酸水を加湿器に入れて一晩運転せずにそのままにしておきます。
    一晩おいておけない、というときには、90分ほど運転させることで掃除することもできます。
    もちろん、この時に出る水蒸気に害はありません。
  3. 最後に、お湯が冷めているのを確認してから排水します。
    もしそれでも汚れが取り切れていないようでしたら、これを①から繰り返します。

やることはたったこれだけです。

濃度を調整したクエン酸水を作っておけば、フィルターの掃除もできます。

フィルター掃除の場合はクエン酸水につけおいておくだけなので、より簡単です。

クエン酸の代用品はないの?

クエン酸水が用意できない、というときには代用品でも加湿器を掃除することができます。

その代用品というのが「お酢」です。

お酢はきっとどこの家庭にもあるものだと思うので、クエン酸水を用意するのが面倒だ、というときにはお酢を代用品として使ってみてもよいでしょう。

ただし、お酢を使うときは運転させずにつけおきしておくだけにしてください。

お酢の匂いはかなり強力なので苦手な人も多いかもしれませんが、こちらも濃度を気をつけましょう。

クエン酸水に比べて匂いが残りやすいので、洗浄作業が終わったら水だけを入れて匂いがなくなるまで運転させましょう。

また、クエン酸水のような使い方ではありませんが、研磨剤として重曹なども代用品として用いることができます。

重曹も人体には害がないものなので安心して使うことができますね。

↓この重曹は食用レベルなので、掃除だけではなく、揚げ物など調理にも使えます!

まとめ

食べ物の中にも含まれているクエン酸での加湿器の掃除。

クエン酸で掃除する場合はクエン酸の濃度が肝となって来るでしょう。

イメージしづらいかもしれませんが、実際効果はかなりあるようです。

実際、カルキなどのカルシウム汚れはこびりついて取れにくいもの。

それが簡単にしかも安心に取れるというのは嬉しいですよね。

キレイな空気で風邪にも美容にも効果的な加湿器を使いたいものです!

かなり手軽にできる方法なので、ぜひカルキ汚れに困っている、という方はお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA