三田佳子の息子(次男)が再逮捕!元乃木坂の嫁や孫への養育費と現在の小遣いは?

1998、2000、2007、2018年と、実に4度も覚せい剤取締法違反で逮捕された三田佳子さん(78)の次男である高橋祐也さん(39)が、2019年10月17日に、今度は内縁の妻である乃木坂46の元メンバーだった大和里菜さん(24)に対する脅迫容疑で5度目の逮捕が報道されたのは記憶に新しいでしょう。

世間からは大物女優で高額所得者として名を馳せた母の三田佳子さんと元NHK映像プロデューサーの父である高橋康夫さんの呆れるほどの「過保護」っぷりが話題になりました。

三田佳子さんと高橋康夫さんという立派なご両親の間に生まれた次男の高橋祐也さんはなぜ再逮捕され続けるのでしょうか?その根本的な理由もさぐりつつ調査してみました。

三田佳子の息子が再逮捕

三田佳子さんの次男である高橋祐也さんが初めて逮捕されたのは22年前、まだ高橋祐也さんが森村学園高等部在学中1998年までさかのぼり、なんと高校生の時に覚せい剤取締法違反で逮捕され大きな衝撃を与えました。

その後も、通算4度に渡り剤取締法違反での再逮捕を繰り返し、更生する様子は全く見られませんでした。

そこへ来て、2019年末には内縁の妻であった乃木坂46の元メンバーの大和里菜さん(24)に対し、LINEを通じて

「お前の親父を殺してやりたい」

などと脅迫メッセージを複数送り再逮捕となるわけですが、これは大和里菜さんの父が高橋祐也さんとの結婚を猛反対したので、高橋祐也さんがそれに腹を立てて送りつけたようなのです。

大和里菜さんは、妻子のある高橋祐也さんと以前から2年にも渡り愛人関係にあり、昨年の10月には赤ちゃんを妊娠した事をSNSで発表しています。

これに対し大和里菜さんの父は、

「『今回は子供を諦めなさい』ということです。それが聞けないのであれば、もう実家に戻って来ることはできない」

と、勘当ともとれる発言で娘の将来を守ろうとしたのでしょう。

高橋祐也さんと大和里菜さんの2人は、度々大げんかを繰り返しているようで、今回表に出てきた「脅迫事件」の他にも焼肉店で大げんかをし、大和里菜さんが警察に駆け込んだ際、高橋祐也さんの挙動がおかしいという事で覚せい剤の使用が疑われ逮捕に繋がった事もあるようです。

また、その後も高橋祐也さんとさんは度々大げんかを繰り返し、警察沙汰を起こしますが、ある時は150万円を支払って示談になっているといいます。

覚せい剤の後遺症なのでしょうか?このように怒りっぽく問題ばかり起こす高橋祐也さんに娘を嫁がせたく無いという大和里菜さんのお父さんの気持ちは当たり前ですよね。

三田佳子の元乃木坂の嫁は?

三田佳子さんの次男である問題児の高橋祐也さんのお相手は元乃木坂46の大和里菜さんです。

高橋祐也さんは2019年の2月21日に2年以上にわたる愛人関係を経て自身のツイッターで、大和里菜さんと正式に結婚をすると発表します。

〈前科三犯前歴一犯の依存症のデブのハゲた金もない施設にいる糖尿病おやじと里菜さん。一週間後正式に結婚することになりますが。直ぐ離婚しないでね〉(2月21日、高橋本人のツイッターより)

高橋祐也さんは、自虐ネタを入れながら結婚する事を発表したのです。

高橋祐也さん自身も書いているように、何故元アイドルの大和里菜さんは、このような人間のクズとも言うべき高橋祐也さんと結婚、また子供を産もうと思ったのでしょうか?

全く意味がわかりません。

もしかしたら高額所得者女優である三田佳子の財産狙いなのでしょうか?

実際に高橋祐也さんはいままで大和里菜さんに貢いできたお金は1000万円以上といわれています。

しかし、高橋祐也さんが都内で経営するバーは開店休業状態で、経済的に困窮しているはず。

そこでやはり過保護すぎる母、三田佳子さんの「お小遣い」が流れていると見ていいでしょう。

なにしろ、一文無しの高橋祐也さんは現在でも40万円はする家賃のマンションで暮らしていますし、大和里菜さんもこの「お小遣い」の魅力には勝てなかったのではないでしょうか?

三田佳子の孫について

三田佳子さんには、高橋祐也さんの前妻との間の孫がおり、今でも食事をしたり面倒を見ていると言います。

更にここへ来て2019年の10月に高橋祐也さんと大和里菜さんの間に新たに孫が出来ました。

一般庶民ではなかなか考えられない状況ですが、バカ息子の尻拭いを80歳を間近に迎える三田佳子さんがしているというのは、やはり莫大な財力があるからなのでしょう。

息子に三行半をつきつけた三田佳子さんの気持ちは孫に向いているのでしょうか?

もちろん、例外なく高橋祐也さんと大和里菜さんの間に生まれた孫に対しても、養育費を肩代わりするなど、過剰なほどの経済支援を続けているようです。

三田佳子の息子の小遣い

三田佳子さんの息子である高橋祐也さんが、高校生の時、覚せい剤で初めて逮捕された時、そのあまりにも世間離れした三田家の経済観念と教育方法が大きな話題となりました。

三田佳子さんは当時まだ高校生だった高橋祐也さんに、月50万円ものお小遣いを与えていたという驚くべき事実に世間は騒然としました。

当時の三田佳子さんは長者番付に乗るほどの高額所得者女優であったことから、そうとう忙しく仕事をこなしており、家庭に愛情を注げないぶん、それを「高額なお小遣い」という間違えた愛情の与え方をしてしまったのです。

高橋祐也さんはきっと寂しかったのでしょう。高橋祐也さんに与えられたのはお金だけでは無く、広大な広さを持つ地下室の個人部屋です。

そこには、集まる仲間は、高橋祐也さんから湯水のごとく流れ出る「金」「薬」だったのではないでしょうか?本当の友達は存在していなかったはずです。

これに対し、世間から「過保護すぎる」という激しいバッシングを受けた三田佳子さんは、数回の高橋祐也さんの逮捕の後

「世間からは、いつまでたっても親が過保護にしていると言われていますが、決してそんなことはありません。」

とし

「次男からも卒母しています」

『卒母宣言』をします。

しかし、実際には収入の全く無い高橋祐也さん、そして現在の妻である大和里菜さんと孫、さらには高橋祐也さんの前妻の孫の経済的支援を三田佳子さん夫婦が行っているのです。

さらに高橋祐也さん逮捕後、保釈の時に度々現れる高橋祐也さんが乗る車を運転しているのが高橋祐也さんの父親である高橋康夫さんなのです!

高橋康夫さんも元NHKの映像プロデューサーという事もあり、高橋祐也さんが幼かった当時、家庭を顧みず、仕事に忙殺されていたのでしょう。

そういった負い目から、三田佳子さんともども、曲がった愛情を息子に注ぐ事で、高橋祐也さんは寂しさをつのらせ、現在のようなどうしょもない息子になってしまったのではないでしょうか?

余談ですが、先日、高橋祐也さんと大和里菜さん、そして赤ちゃんを乗せた車を運転している高橋康夫さんがキャッチされていますが、高橋祐也さんがタバコを吸うため、わざわざ途中で車を止めるという呆れた、まるで召使いのような父、高橋康夫さんの姿が目撃されています。

三田佳子の現在

三田佳子さんは、絶頂期の1990年代、4年連続で長者番付首位だったことがあり、2004年の段階でも「生涯年収が約47億円」といわれるほどの富豪です。

しかし、最初に息子の高橋祐也さんが事件を起こした自宅は既に売却され、現在は東京都中央区のマンションで暮らしているといいます。

まとめ

なにかとお騒がせな三田佳子さん一家。

次男の度重なる逮捕、その尻拭い。

女優の頂点まで上り詰め、莫大な富を得た三田佳子さんですが、はたしてそれで幸せな人生と言えるのでしょうか?

何故か、とても可哀想に感じるのは私だけではないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA