ジャスティンビーバーがライム病?現状と今後の活動は?ライム病発症原因や症状と対処法

世界的に有名で常に話題に事欠かないカナダのポップミュージシャン/シンガーソングライター、さらには俳優というマルチな才能を発揮するジャスティンビーバーさん。自身のインスタで「ライム病」であることを公表しました。ライム病ってどんな病気なのでしょうか?今回はライム病の原因、症状、そして「ライム病」にならないための対処方法、またジャスティンビーバーさんの今後の活動について調べてみました。

ジャスティンビーバーのプロフィール

  • 名前:ジャスティン・ビーバー
  • 生年月日:1994年3月1日(25歳)
  • 出身地:カナダ・オンタリオ州ストラトフォード
  • 星座:うお座
  • 職業:ミュージシャン/シンガーソングライター/俳優

ジャスティンビーバーさんは、まだ12歳の頃YouTubeにアップした映像が瞬く間に5,000万を超え、ネット上で大きな話題となり、レコード会社との契約に至りました。

最近ではYouTubeでまだ幼い子が大活躍していますが、その先駆けになったのがジャスティンビーバーさんだといっても過言ではないでしょう。

2018年11月24日にはジャスティンビーバーさんがわずか14歳にして、シングルとアルバムの売り上げが1億4000万枚を超え、史上最も売れたアーティストの一人であると新聞「Vanguard」に掲載されるほどの人気者になったのです。

更に、19歳になったジャスティンビーバーさんは、依存性の高いドラッグに手を染めてしまい、精神を病んでしまって行った事を告白しました。

その当時ジャスティンビーバーさんと交際していたセレーナ・ゴメスさんへ、ドラッグの影響でセリーナさんに対してひどく当たるようになってしまい関係も破綻してしまったといいます。

ジャスティンビーバーさんはそれ以外にも飲酒運転で逮捕されたり、近隣住民に迷惑行為で訴えられるなど、様々な事件を起こしてきマスコミの恰好の的になり話題を提供し続けます。

その後、2018年9月にはヘイリー・ボールドウィンさんと婚約し、その後正式に結婚しおちつを取り戻し幸せな暮らしを取り戻します。

2017年の夏には世界ツアーの残り日程をキャンセルし、それ以降は表舞台に姿を表さずに休養に入ったようです。

ライム病のジャスティンビーバーの現状は?

ジャスティンビーバーの現在の状態は「ライム病」を患っていると診断されており、ライム病治療のための薬による治療が行われ、症状は次第に良くなってきているといいます。

しかし、「ライム病」の代表的な症状である、皮膚疾患や、ろれつが回らない、理解力が低下するという症状から、再びドラッグに手を出したのではないかと勘違いされることがしばしばあったようです。

ジャスティンビーバーさん本人もそうとうな辛い思いをしながらの闘病生活を送っていたのではないでしょうか。

病状が発症した当初は、原因がわからないまま、ありとあらゆる治療法をためしたものの、症状は悪くなる一方だったというジャスティンビーバーさん。

2019年の初めには、妻のヘイリーさんと共にビバリーヒルズのクリニックに足繁く通う様子がパパラッチに激写され、「もしかしてヘイリーが妊娠したのではないか?」という噂が囁かれたこともありました。

しかし、実際にはジャスティンビーバーの体調不良の原因を突き止めるため、幾度となく医師のもとを訪れていたということのです。

その間も、周囲や世間からドラッグをやっているなどという嫌疑をかけられつづけ、ジャスティンビーバーさんは妻のヘイリーさん共々、不安や体の苦しさでどんなに辛い思いをしたか想像を絶するものだったと思います。

そして、ついに病名がはっきりとしたジャスティンビーバーさんは、自身の身の潔白と前向きな気持ちをインスタグラムで公表しました。

「たくさんの人たちが、『ジャスティン・ビーバーはヒドいツラをしてる』とか、『ドラッグでもやってるんじゃないか』とか噂してたけど、みんな僕が最近ライム病と診断されていたっていうことには気づかなかったみたいだね。

 

それだけじゃなくて、僕は肌や脳の機能、エネルギー、全身の健康に影響をおよぼす、重度の慢性活動性EBウイルス感染症も患っていたんだ。

 

僕が一生懸命戦って、克服しようとしていたのが分かったでしょ!

 

この数年間は本当に大変だった。

 

でも、現時点では治らないとも言われているこの病気を治すための正しい治療を受けて、僕は復活するよ。帽子ナシでね!」

 

病名がわかったら、後は前向きに治していくだけ!

ジャスティンビーバーのこの決意を聞いて、ファンだけでなく同じ病気で苦しみむ人たちは勇気をもらえますね!

長い疑いの目を晴らす事が出来、とても良かったと同時に、この難病と闘う強い意思が感じられるジャスティンビーバーさんの前向きな言葉に励まされますよね!

ジャスティンビーバーの今後の活動は?

ジャスティンビーバーさんの最近の活動は、1月27日からYouTubeのドキュメンタリー番組の中で、「ライム病」を患ってからどんな日々を過ごしていたのかをドキュメンタリー配信する予定だそうです。

更には、本年2020年には、数年ぶりにニューアルバムを発表し、北米ツアーも行うそうで精力的に活動を行うようです。

そして、ニューシングルの「ヤミー」もすでにリリースされ、ラジオなどでも毎日ON AIRされているので、病状も回復方向に向かっている事が想像できますね!

ジャスティンビーバーが患った「ライム病」の原因や症状

 

「ライム病」という病名を初めて聞く人も多いのではないでしょうか?そこで早速このジャスティンビーバーが患ってしまったライム病について調べてみました。

ライム病は、菌を持っているマダニに刺された場合発症する病気で、菌をもったネズミ、シカ、イノシシなどから血を吸ったマダニが菌の媒体となり、人間を刺した時に感染する病気なのです。

ライム病は、ことによっては命を落とす可能性もあると言われる恐ろしい病気なのです。

ライム病を患った時の症状は、インフルエンザのような発熱、倦怠感、頭痛、筋肉痛、消化器症状などの初期症状が現れ、次第に病原体が全身に拡散すると皮膚症状、神経症状、心疾患、眼症状など他にも様々な苦しい症状に見舞われます。

さらにジャスティンビーバーも経験したろれつが回らない、理解力が低下する、腕に思うように力が入らないといった脳卒中に似た症状も現れる恐ろしい難病なのです。

初期症状が風邪やインフルエンザににているため、そのまま放置すると大変な事になりますので、もしもマダニに咬まれたり、傷口を見つけたら、すぐに病院に行って診断を受けた方がいいですね!

ジャスティンビーバーが患った「ライム病」の対処法は?

ジャスティンビーバーが患ったライム病はマダニからの感染ですが、対処方法として一番良いのは、見つけた時点で皮膚科に行ってマダニと噛まれた部分を切り取ってしまうことだそうです。

間違えてもマダニにかまれている箇所を自分で取り除いたりしないでください。他の感染症のリスクが高まるばかりです。

ジャスティンビーバーの「ライム病」を知った世間の声は?

 

ヘアスタイルマガジン@hairstyle_maga

ライム病の流行地

日本では、1986年に初のライム病患者が報告されて以来、現在までに数百人の患者いるみたい。

主に本州中部以北(特に北海道および長野県)で発生。

こわいな。

Twitterで画像を見る

たいぽん😜生きてるのが😄何よりも幸せだ‼️@taipon42

ジャスティス.ビーバー氏が病を持っていたことを告白しました。
ファンの方たちからは驚きですが
自分の信念を貫いてください

Twitterで画像を見る

輪尾和音@lemur1905

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-35147790-cnn-int 

ライム病の存在を知らなかった。
ジャスティンビーバーさん、お大事に!

歌手ジャスティン・ビーバーさん、ライム病を告白(CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

(CNN) 歌手のジャスティン・ビーバーさん(25)が8日、インスタグラムへの投稿の中で、感染症のライム病と診断されていたことを告白した。ライム病は一般的に、ダニが媒介する細菌によって感染する。「ジ – Yahoo!ニュース(CNN.co.jp)

headlines.yahoo.co.jp

YUMA@yumaEZ

ジャスティンビーバー病気患ってたのか…
お大事に…🙏

まぁちゃお🐣@doublerainbow81

ジャスティンビーバー、ライム病なの?なんかその病名聞いたことあると思ったら、以前、アヴリルラヴィーンも患ってたっけ?1日も早い回復を祈ってます……。

あまり聞きなれない珍しい病名「ライム病」だったため、世間の驚きと心配もひとしおでしたね。

まとめ

カナダ出身のアーティスト、ジャスティンビーバーさんが2年間もの長期活動休止を余儀なくされた「ライム病」を自身のインスタグラムで公表しましたが、その間も良からぬ噂などで世間からの注目を浴び辛かったでしょう。

ジャスティンビーバーさんは今後、YouTubeで自身の症状や「ライム病」について語ると言っていますので、同じ病状で苦しんでいる人の励みに繋がるでしょう!

さらには、ニューアルバムもすでにリリースされ、ツアーの予定も控えていますので、症状はだいぶ良好に近づいているのではないでしょうか?

1日も早い完治と完全復活をお祈りします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA