今年もきた!大人気ほうじ茶フラペ

美空ひばりの死因は玄米!?酒とタバコでがん?迷走する病気の真実

日本の歌謡界の伝説的存在

国民なら誰しもその歌声を聞いたことがある歌姫

美空ひばりさん!

 

そんな彼女の死因について普段は気にもとめないけれど、

言われてみればちょっと気になる…という方もいるのではないでしょうか??

 

今回は、美空ひばりさんの死因について、

都市伝説的な話も含めてご紹介します。

 

美空ひばりの死因は?

Googleで「美空ひばり 死因」で検索すると、

画面にババーンと「美空ひばり/死因 肺炎」と出てきます。

美空ひばりさんは、1977年にかとう哲也の実子・加藤和也を養子縁組をします。

しかし、折り重なるように落命する人たちを失う悲痛に耐えかねて、

酒とタバコに手を染め、か細い体を蝕まれてゆきます。

1989(平成元)年6月24日午前0時28分、

美空ひばりさんがが華々しくも苦悩に満ちた52年の生涯の幕を降ろすこととなりました。

死因は「特発性間質性肺炎」の悪化による呼吸不全とあります。

美空ひばりの人生と病気の背景

美空ひばりは大の愛煙家だったせいか、呼吸不全で亡くなっています。

お酒も15歳から飲んでいたそうです。

結婚生活もうまくいかず離婚に追い込まれ、暴飲暴食をするようになったそうなので

相当なストレスを抱えていたようです。

特に母(68歳)が亡くなってから、ひばりさんを支えていた柱が無くなり、

更に生活習慣が乱れるようになったようです。

母亡き後1年後に友人の江利チエミさん(45歳)

更に1年後に弟の哲也さん(42歳)

更に3年後に弟の武彦さん(42歳)を亡くすという不幸が続きます。

美空ひばりさんは飲酒をしすぎて肝硬変も患っていましたが

家系の遺伝で短命の遺伝子を持っていたのかもしれません。

美空ひばりさんの弟の息子であり、

美空ひばりさんが養子として育てた加藤和也さんはビジネスマンとしても有名ですね↓

加藤和也はクズ?現在の年収は?美空ひばりの息子(養子)でチンピラ社長のセレブ生活とは?

病気を悪化させたのは玄米!?

美空ひばりは病気になってから、

玄米おにぎり2つとお茶だけの生活を毎日送っており、

その食生活が原因で早死にしてしまったという話があります。

玄米おにぎりは健康によい食材ですし、玄米が直接的な死因になることはないとは思うのですが。

飲んでいたお茶はセンナ茶と言われており、

便秘に効くお茶として愛用している方が多いので聞いたことがある方も多いのでは?

問題は健康体の方が玄米おにぎりを食べるのは良いけど、

肺炎になっている方が玄米だけの生活をするのは死因になる可能性が高まる、ということですね。

美空ひばりさんは意図的に十分な栄養を摂らないで生活をしていたのですね〜。

 

死因とまではいかなくとも、ちょっと考えただけでも体調が悪くなりそうです・・・。

 

玄米など食事制限を指示していた謎の医師の存在

美空ひばりさんの治療に関わっていたのが、ハワード・ヤングという医師で、

医師独自の治療によって肝臓の機能を6割まで回復させますが、

再び肝臓を悪くして美空ひばりさんは永眠しました。

その食事療法とは玄米だけを食べる治療法であり、

低タンパク質の食事になるので体重が少なくなり急激な血圧の低下を招き、

死因の1つになったと言われています

 

このハワード・ヤングは韓国系のアメリカ人で、1990年ごろには約600人の顧客が国内にいました。

特に政治家や大物経営者などの顧客が多くおり、芸能人にも多数の顧客がいたそうです。

ハワード・ヤングは高峰三枝子さんの治療もしていたというウワサもあります。

高峰三枝子さんも同じような食事療法を受けて早期に亡くなった死因と言われています。

いつの時代も怪しい医療行為はあったのですね。

そして、著名人がそういった謎めいたものにのめりこんでいってしまう。

そういう物なのかもしれませんね。

まとめ

ということで、美空ひばりさんの死因について調べてみましたが、

肺炎なのか、がんなのか、ストレスによるものなのか、はっきりとはしませんが、

直接原因は呼吸不全によるものだとして、

そこに到るまでの要因は様々なものがあったみたいですね。

昭和の大スターである美空ひばりさん。

きっと過密なスケジュールが故に、普通の結婚生活を送ることはとても難しかったのでしょう。

大スターの私生活は悲しいパターンが多いのはなぜでしょうか。

しかし、美空ひばりさんの歌はずっと生き続けるのですね。

美空ひばりさんが天国では安らかに楽しく過ごされてることを切に願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA