多岐川華子はバイト中?離婚後はキャラ変更!再婚は?

この記事は3分で読めます

どもども、lenachamaでっす!

二世タレントって色々いるけど、

最近テレビで見かけないなぁ、なんて思っていた

多岐川華子

いつの間にか解明して、華子、になってた。

離婚したからか?って思ったけど、

多岐川は婚前からの名前。

うーーーん、色々と謎が深そうな様子。

早速調査していくわよ〜〜!!

多岐川華子のプロフィール

生年月日: 1988年9月16日 (28歳)
生まれ: 神奈川県
配偶者: 仁科 克基 (2011年 – 2012年)
結婚した場所: グアム
親: 多岐川裕美、 阿知波 信介

うんうん、華麗なる家系図よね(離婚前までは)

私、多岐川華子としてデビューしたての頃、

パチンコのCMに出演していたのを覚えているわ。

母親似で綺麗な人だと思ったけど、なんか、今、顔変わったかも!?

調べてみると整形疑惑の文字がたくさん・・・。

うん、わかる、わかる、崩れてきてるよね・・・。

いじらなくて良かったのに・・・。
スポンサードリンク

多岐川華子の離婚の理由

多岐川華子さんと言えば、仁科克基さんと結婚をしていたけど、

2年弱というスピード離婚を果たしたワケで・・・。

まあ、離婚理由の本当のの真相は当人同士しか分からないけど、

報道からの本当の理由は

仁科克基さんのキャバクラ通いとされているね。

なんか、そう言われると、もうそれにしか思えないという

女癖の悪そうなキャラ?の仁科克基さん。

息子が見てたウルトラマンシリーズにも出演していた仁科克基さん。

ウルトラマン戦隊の隊員なんだけど、

チャラいんだよねぇw。

きっと多岐川華子さんも新婚で離婚なんてしたくはなかっただろうけど、

かくいう多岐川華子さんも大女優のお嬢様。

我慢するということはあまりできなかったのかもね。

そして、多岐川華子の両親にしても、仁科克基さんの両親にしても、

両方とも離婚しているので、離婚に抵抗がなかったのも理由の一つかと思えまっす。

同じく二世タレントとして活躍中の紅蘭さんの記事はこちら!↓

紅蘭と草刈正雄が親子出演!タトゥーとプロポーションの秘密は?

同じく二世タレントだけど、頑張っている三浦貴大さんの記事はこちら↓

三浦貴大がしゃべくりに出演!両親は三浦友和と山口百恵!松坂桃李似?

こちらも二世同士の結婚!離婚はしてない安藤サクラさんの記事はこちら↓

安藤サクラ!インスタでも話題の夫・両親!障害も演技の幅?(祝・日本アカデミー賞)

多岐川華子はバイト中でキャラ変更?

女優としてデビューし、結構早い段階で結婚した多岐川華子さん。

そういう意味ではあまり女優として下地を積んでいなかったかもしれない。

その後すぐの離婚で、世間的には、

ほらみたことか、お嬢さんとお坊ちゃんのままごと結婚!!

という様な意見もあったと思うんだけど、

その辺り、本人たちが一番感じているところでしょうね。

そして、多岐川華子さんは仕事をほぼほぼ失い・・・・。

なんと、週5でバイトしている!!!!

という衝撃事実を「しくじり先生」で告白したんだとか!!

バイトの内容は不動産系の事務だそうで、

お嬢さん、ちゃんと勤まっているのかな??

時給は1150円にアップしたそうで(涙

でも、そこで同時に噂されいるのは水商売のバイト。

まぁ、仕事がないとは言え、女優さんだからね。

素人よりは全然綺麗ですから。

でも、そんなバイトしてたらすぐにバレないかな?

と思ったりするけど。

本当のところはどうなんだろ。

それにしても、そんな恥を晒す様なキャラじゃなかったよね、多岐川華子さんて。

やっぱり離婚をするといろんな意味でオープンになるよね。

同じくしくじり先生の生徒役で話題になった古畑星夏さんの記事はこちら!↓

古畑星夏がキテる!しくじり先生出演や映画にも主演!カメレオン女優で性格は悪評?

しくじり先生で大成功していることを明かした元キマグレンの記事はこちら!↓

しくじり先生にキマグレンのクレイ勇輝が!現在は?成功からの転落人生とは?

多岐川華子の再婚はあるのか?

 

さ、ここにきて気になるのはまだ28歳の多岐川華子に再婚はあるのか?ということ。

多岐川華子さんだって、早く結婚してバイト生活に終止符を打ちたいと思っているのでは??

そんな多岐川華子さん、再婚の話しと言えば、

元ダンナの仁科克基さんが

多岐川華子さんと再婚したい

と言っているのだとか。

ちなみに、多岐川華子と言えばそれに対して

絶対的にありえない

と再婚を拒否していたらしい。

その温度感が分からないKYな感じもさすがお坊っちゃま、

仁科克基さん。

そして、キャバクラに散々通って、ぬけぬけと再婚したい、という

一方通行な思いを告げるのも、さすがお坊っちゃま、

仁科克基さん。

私、開いた口が閉まりませんよ、ほんとに。

まとめ

そんなワケで、現在華子さんとして活躍?している多岐川華子さん。

これからも是非、頑張っていって、

これまでの世間知らずのお嬢さんとは打って変わって、

波乱を乗り越え、バイトもして、世間一般教養ができた華子さんの

活躍ぶりをこれからも応援したいと思った次第!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめカテゴリー記事

2003年1月
    12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031