スノームーンとは?2020年2月の満月が見える時間や意味、由来について

2020年2月の満月は寒空に現れる「スノームーン」ですが、1月に見る事のできたウルフムーンと同様に話題になっています。

スノームーンとは何なのか?そして意味や由来はなんでしょう。

また2020年最初の満月が見れる時間についてについて調査しました。

スノームーンとは?意味や由来について

スノームーンとは、2月の満月のことです。

ネイティブインディアン(アメリカの先住民)たちは、季節を把握するために各月夜空に現れる満月に名前をつけていました。

季節によって、把握しやすいような動植物の名前を満月につけたのです。

「スノームーン」は2月の寒い夜にぴったりな「雪月」という素敵な名前がつけられました。

「ネイティブインディアン」の画像検索結果

2月はアメリカ農業暦で最も雪が多く降る季節です。そのためSNOW MOONという名前になったのですね。

天候に左右されやすい漁業や農業など、カレンダーがまだ存在する前は自然をよく観察し、季節を把握していたのでしょう。

「スノームーン」もそんな自然界の知恵なのでしょう。

ちなみにほかの月の満月はどのような呼び方をするのでしょうか?

  • 1月:ウルフムーン
  • 2月:スノームーン
  • 3月:ワームムーン
  • 4月:ピンクムーン
  • 5月:フラワームーン
  • 6月:ストロベリームーン
  • 7月:パクムーン
  • 8月:スタージャンムーン
  • 9月:ハーベストムーン
  • 10月:ハンターズムーン
  • 11月:ビーバームーン
  • 12月:コールドムーン

なんだか、想像もつくものもありますし、素敵な呼び方ですね。

なかなか全部覚えるのは大変そうですが( ̄▽ ̄)

1月の満月「ウルフムーン」の詳細はこちら↓

ウルフムーンとは?2020年最初の満月が見える時間や意味、由来について

2020年最2月の満月(スノームーン)が見える時間

2020年にスノームーンが見える時間帯は

2月9日の午後16時33分です。

まだ夜になる前なので空は明るいですが、ちょうど満月が最大になるのが午後16時33分なのです。

またスノームーンがよく見える場所は、太平洋側だといわれています。

日本海側は現在、雪や雨模様ですが、たまに雪、雨雲の間から見えるスノームーンは素敵ですよね!

↓スノームーンをよりしっかりと観察したい場合は望遠鏡を!

 スノームーンのSNSでの盛り上がり

SNSでも、みなさんスノームーンの話題でもちきりです。

https://twitter.com/BluecosmosH/status/1226430776381562885?s=20

かなりしっかりと綺麗に見れていますね。

そして、みなさん今日の月があまりに綺麗で、調べてみたらスノームーンだというんだ!と知った人も多いようです。

そのくらい神秘的で綺麗な月、スノームーンには特別なパワーがありそうですね。

しかし外はとても寒いので、しっかりと防寒して風邪を引かないように見たいですね!

まとめ

2020年2月の満月、スノームーンはとても魅力的で、日本全国で良い状態で見れます。

みなさん、たまには空を見上げて2020年の満月を観察してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA