ウルフムーンとは?2020年最初の満月が見える時間や意味、由来について

2020年最初の満月が1月10日に見ることができ、SNSやニュースでも「ウルフムーン」という言葉が話題になっています。

ウルフムーンとは何なのか?そして意味や由来はなんでしょう。

また2020年最初の満月が見れる時間についてについて調査しました。

ウルフムーンとは?意味や由来について

ウルフムーンとは、1月の満月のことです。

ネイティブインディアンの呼び方と言われています。

満月は月に1回ありますが、ネイティブインディアンはそれぞれ月ごとに呼び方を変えています。

「ネイティブインディアン」の画像検索結果

年の最初の満月となるウルフムーンは、名前の通り狼に関係があります。

というのも、狼は2月に繁殖期を迎えるのですが、その直前の1月はちょうど真冬のため食糧も底つき、お腹をすかせた狼の遠吠えが聞こえます。

そのため、「ウルフムーン」と呼ばれるようになりました。

漁業や農業、カレンダーが出回る前から昔の人は様々な自然を知恵にして、食糧を得たり育てたりしていました。

「ウルフムーン」もそんな自然界の知恵なのでしょう。

ちなみにほかの月の満月はどのような呼び方をするのでしょうか?

  • 1月:ウルフムーン
  • 2月:スノームーン
  • 3月:ワームムーン
  • 4月:ピンクムーン
  • 5月:フラワームーン
  • 6月:ストロベリームーン
  • 7月:パクムーン
  • 8月:スタージャンムーン
  • 9月:ハーベストムーン
  • 10月:ハンターズムーン
  • 11月:ビーバームーン
  • 12月:コールドムーン

なんだか、想像もつくものもありますし、素敵な呼び方ですね。

なかなか全部覚えるのは大変そうですが( ̄▽ ̄)

2020年最初の満月(ウルフムーン)が見える時間

2020年1月10日から11日の明け方は、2020年最初の満月です!’

正確には2020年1月11日の午前4時30分頃がMAXとなるようですね!

1月11日からは3連休という人も多いのではないでしょうか??

もしも夜遅く起きているようなら、もしくは早朝に起きるなら、ウルフムーンに合わせてみても良いかもしれませんね!

https://twitter.com/maaaaay0226/status/1215613991315075072

かなりしっかりと綺麗に見れていますね。

そして、みなさん今日の月があまりに綺麗で、調べてみたらウルフムーンというんだ!と知った人も多いようです。

そのくらい神秘的で綺麗な月、ウルフムーンには特別なパワーがありそうですね。

2020年1月10日〜11日にかけての天気は全国的に良いので、天気に邪魔されず月が綺麗に見れそうです!

しかし寒いので、しっかりと防寒して見たいですね!

まとめ

2020年最初の満月、ウルフムーンはとても魅力的で、日本全国で良い状態で見れます。

みなさん、たまには空を見上げて2020年の満月を観察してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA