今年もきた!大人気ほうじ茶フラペ

胸熱!月刊ムーが楽天マガジンに!しまむらコラボのジャージ着て読みたい!

どもどもlenachamaでっす!

みんな、おげんこ??

楽天カードウーマンな私ですが、ポイント貯まったので、ちょっと楽天マガジンをお試し購読しようかとダウンロードしてたんですよ。

今朝、朝の移動中に電車が長かったので楽天マガジンを立ち上げてみたら、

最新号で一番最初にあったのが

月刊ムー!!

 

マジで?

朝から超ご機嫌!!

楽天マガジンをダウンロードする前日にdマガジンもダウンロードしてた私だけど、

もう、絶対楽天マガジンしようと心に誓ったわ…

楽天マガジンでも月刊ムーは読めるが

楽天マガジンで月刊ムーが出てきたことに大喜びした私は、友達にも家族にもラインしたりメッセしたりとはしゃいでいた。

そして一応、dマガジンも立ち上げてみたら…

dマガジンにも月刊ムーあるし!!

こりゃどうしたことか!

自分の勇み足に呆れると同時に

楽天マガジンかdマガジンか、決める軸がブレ始めてきたw。

そして決めたのだ。

私の月刊ムーへの熱い思いと、楽天マガジンとdマガジンの徹底比較を行ってみよーやないけ!

と。

月刊ムーについて

まずはね、月刊ムーについてなぜ私がこれだけ胸アツになってるかを説明しなければ。

月刊ムーて何?

オカルト雑誌の代表格といえばやっぱりこの月刊ムーではないすかね。

私はNYにいたときもずっと定期購読してましたw。

ガロと月刊ムーは私にとって夢のような雑誌だったのだ。

月刊ムーには毎回、UFOやUMAの存在について、錬金術について、フリーメイソンについて、

など私からしたら耳がダンボになりそうな話題が熱く語られているのだ。

そして、こんなに購読している私が言うにもなんだが、

なんだか胡散臭い・・・w

でも、この胡散臭さこそがクセになるんだな。

なんか、青カビチーズとか、いぶりがっことかにハマる感覚ねw。

そして、ライティングの端くれとして物を書いている私からすれば、

この月刊ムーの文章というか、口調がものすごく断定的w。

何を根拠に??とツッコミを入れたくなるところ、

そんなところも含めて愛すべき雑誌なのである。

しまむらとのコラボでも話題

月刊ムーで調べていると「しまむら」の文字が浮上して来たので、

早速調べて見た。

しまむらって誰?と思ったら

なんてことない、

あのプチプラブランドとして主婦の心を鷲掴みにしているあの

「ファッションセンター・しまむら」のことであった。

何をコラボしたのかと思いきや、

月刊ムー・スウェット!!

これ、買いでしょ!

え?男性用オンリー??

これ着て月刊ムーを読みたかった。

しまむらさん、女性用も作ってください!(懇願)

今はお店には在庫がなかなかないみたいなので、

メルカリとかヤフオクで探すといいらしいっす。

月刊ムーの編集長

月刊ムーが続けられているのは

やはり編集長の手腕でしょうな。

このネット情報時代にこんなに怪しい雑誌を続けられるのは素晴らしいこと!

三上 丈晴(みかみ たけはる)さん

1968年の9月9日生まれ

ちなみにですが、この1968年生まれの人ってかなり個性的な人が多いイメージですw。

この月刊ムーの編集長である三上さんは入社一年目で月刊ムーに配属され、

満を辞して月刊ムーの5代目編集長に就任となったそうです。

月刊ムーの編集長になるまでの道のりは13年。

その間ずっと月刊ムーでの仕事をしていたのかと思うと、ものすごいね。

めちゃくちゃオカルティックになりそうw。

楽天マガジンとdマガジンの比較

ではでは、実際に楽天マガジンにもdマガジンにもある月刊ムーですが、

どちらにしようか迷っている人のために比較をしてみましょう!!

値段の違い

値段の方ですがdマガジンの月額400円(税別)に対し、楽天マガジン月額380円(税別)。

月額では楽天マガジンの方が20円安いという形ですね。

しかし!楽天マガジンは1年で3600円という年額プランも用意されているため、

1カ月単位の料金では300円と、月額で100円近く安くなります。

これって結構な差だと思うんだけど!!

楽天ユーザーの場合

楽天市場や楽天カードを持っている場合、楽天ポイントが貯まると思いますが、

楽天マガジンの場合ももちろん楽天ポイントが貯まります。

それに楽天ポイントでも購読できますね。

私は「楽天カード・ウーマン」なので、これは非常にアドバンテージがありますねー。

ドコモユーザーの場合

ドコモユーザーの場合、dポイントが貯まっていくと思うのですが、

dマガジンももちろんdポイントが貯まったり、dポイントで購読することができますね。

個人的に、私はソフトバンク・ユーザーなので、dアカウントを持っておらず、

今回、dマガジンを読むためにアカウントを作りました。

今後もdポイントを貯めることはないので、実はあまり恩恵を感じてませんw。

ドコモ・楽天の両方ユーザーの場合

これは迷いどころかもしれませんねー。

もしも年間購読するならば、絶対的に楽天マガジンの方がお得でしょうし。

雑誌の違い

もしもdマガジンや楽天マガジンと迷うならば取扱雑誌の違いは知っておくとよいかもです。

例えば、私はたまにBrutusとかの特集に興味があるんですが、Brutusはdマガジンにはあるけど、楽天マガジンにはありませんね。

一般的にはdマガジンは女性向けの雑誌が多いと言われてるみたいです。

閲覧画面の違い

いわゆるUI、閲覧画面の操作性のところなんですが、好みの問題はあれど、

アニメーションが重たいdマガジンに比べると、楽天マガジンはWebサイトのようなシンプルな作りで動作が軽く読みやすくできています。

これは本当に思いましたね。特に外で4G回線で見ている時なんかは顕著に違いが出ました。

dマガジンで一番不満に感じていたのがページめくりのアニメーションですねー。

dマガジンではページを勢いよくめくっていくと文字がぼやけて表示され、雑誌を流し読みしたいときにも文字を読むのに待たされることが非常にストレスでした。

楽天マガジンも同様に一定の時間で文字を読み込む仕組みではあるものの、最初から十分に読める解像度で表示されるので待ち時間が気になりませんね。

やはり雑誌なので、流し読みがしづらいのは私にとってはとてもデメリットに感じました。

そこも含め、無料期間などを使って両方を比べてみると良いかもしれないですね。

楽天マガジンを試してみたい方はこちらから↓

楽天マガジン

まとめ

そんなワケで、月刊ムーについてと楽天マガジン vs dマガジンについて買いてみましたが、

月刊ムーの魅力についても、

雑誌1冊しない値段で200種類も読めるとは、雑誌業界が気になると同時に

ものすごい世の中だなぁ・・・と。

どちらにしても無料期間でお試しをしてみて、ぜひ月刊ムーを読んでみてくださいまし!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA