おまたオイルの効果や使い方は?おすすめの膣ケアオイル

10年前くらいから女性のデリケードゾーンである、膣ケアや膣トレが注目され始めましたが、最近、その重要性が叫ばれています。

自分の体の一部でありながら、自分ではほとんど目にすることのない膣周り。

膣ケアや膣トレについて、今回はおまたオイルを使った効果や使い方について紹介します。

おまたオイルとは?

女性のデリケートゾーン、特に膣ケアに使われるのが通称「おまたオイル」です。

おまたオイルの成分は色々とありますが、膣周辺のデリケートな粘膜につけるため(おまたの経費吸収率は42倍!)、その成分は顔につける美容液よりも、ナチュラルであることが重要視されます。

膣内の粘膜に直接つける、ということは、口の中にそのまま塗るようなものだと考えれば、その成分が重要視されるのも想像しやすいですよね。

おまたオイルは、膣を含めたデリケートゾーンの保湿ケアとして主に使われます。

おまたオイルの効果は膣の乾燥予防

膣やおまた周辺の大陰唇周辺はは非常にデリケートな場所で、乾燥などのトラブルを起こしやすい場所です。

世の中の女性で、お風呂などの洗顔後に化粧水や美容液を顔につけるように、膣ケアとしておまたオイルを使っている人はどのくらいいるのでしょうか?

私自身、膣ケアの第一歩としておまたオイルを初めて使用した日、デリケートゾーンの肌がかなり乾燥していることに気づきました。

おまたオイルをつけた瞬間、肌がオイルを吸収し、まだまだ足りずに通常使う量の3〜5倍くらいを使用しました。

その翌日、おまた周辺の肌がふっくらしているのに気づき、1日でこんなにも変化があるものか、と実感しました。

これが1週間、1ヶ月、1年になると断然変わってくるのが容易に想像できました。

現在、おまたオイルを使い始めて1ヶ月が過ぎましたが、ずいぶんと潤いが保たれ、品パイにあった痒みなどもおさまりました。

膣周りの乾燥によるトラブルとは?

膣周りのデリケートゾーンが乾燥していると起きやすいトラブルとは何があるのでしょうか?

炎症・感染症

膣は粘膜なので、乾燥すると粘度も低下していくため、菌が繁殖しやすくなり、その結果、膣炎などの炎症を起こしやすくなります。

おまたオイルで乾燥を防ぐと、雑菌を跳ね除ける力が増大します!

かゆみ

膣やデリケートゾーンは刺激を受けやすい場所です。

下着やナプキンなどで刺激を受けてしまい、その摩擦で血流が集中してしまいかゆみが怒ってしまいます。

黒ずみ

膣やデリケートゾーンの黒ずみも乾燥が原因で起こります。

下着やナプキンが同じ箇所に当たるので、肌が刺激から守ろうと堅くなっていきます。それが黒ずみへと繋がります。

性行痛

膣の潤いが足りず、摩擦が直接刺激となってしまうので、性行の時に痛みを感じてしまいます。

そのため、おまたオイルで潤いを与えておくことが大切です!

おまたオイルの使い方

おまたオイルで膣ケアする場合、外陰部だけではなく、指を入れて膣内もマッサージする方がコリがほぐれ、血流も良くなるうえ、膣全体が内側から温まります。

しかし、初めておまたオイルを使った膣ケアを行う人にとって、指を入れるのに抵抗がある人は、入浴する時に膣周りにオイルを塗って、湯船につかってみましょう。

お湯の温度は低めの方がベターです。

もしくはコットンパックを行ってみるのもよいでしょう。

オイルを人肌程度にあたてめてコットンに含ませて、会陰部分に当てます。

その上からティッシュを3枚程度重ねてショーツを履いて、1時間ほどしたら外します。

おすすめの膣ケアおまたオイル

おまたの経費吸収率は42倍です。

おでこは6倍なので、どのくらいその吸収率は歴然ですね。

そのため、おまたオイルはなるべく成分にこだわりたいですね。

ここでは安心のおまたオイルを紹介します。

エナ センシュアルマッサージオイル

アーユルヴェーダの処方で作られたというオーガニックオイルです。

ラベンダー・ゼラニウム・オレンジ花の香りでさっぱりした香りは、使っているだけで癒されます。(筆者も愛用)

だいたい1本3ヶ月分持つので、膣ケアのオーガニック100%おまたオイルとしてはリーズナブルな一本です。

 

デリケートオイルセラム

膣ケア・デリケートゾーンのケアの先進国、フランスのスキンハプティクス社のデリケートオイルセラムも100%オーガニックオイルです。

しかも、フランスの医療現場でも長年使われている、という信頼できるおまたオイルです。

成分もひましオイル・ひまわり種子油・コットンシードオイル・プルーン種子油が使われています。

香りはバニラ・マンダリン・ジャスミン、という甘い香りが癒してくれます。

 

ルナシア フェミニンオイル

日本製のよもぎ成分が入ったルナシア フェミニンオイルは、安心・安全の国産で人気を集めています。

香りはグリーンで爽やかな感じで、自然な香りが高評価で、さすが日本製です。

 

薬用イビサセラPro

こちらは薬用美容液タイプで、美白効果があるため、デリケートゾーンの黒ずみが気になる方におすすめです。

日本の脱毛サロンから誕生したこの薬用イビサセラムProは、日本人の肌に合わせて製品開発を行っているため、安心して使うことができます。

イビサセラムpro

まとめ

膣ケアにマストアイテムのおまたオイルは、すぐに効果を実感できるアイテムです。

デリケートゾーンの乾燥は、衛生面でも避けたいところなので、是非ともケアしたいですね。

また、おまたオイルの成分をしっかりと確認して、使用することをお勧めします。

まだ膣ケアをしてない人も、ぜひ始めてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA