産婦人科院長の矢追正幸容疑者が逮捕!患者に強制性行した理由は?職権乱用しすぎな件

東京都足立区江北にある、働く女性の為の産婦人科クリニック「矢追医院」の院長『矢追正幸容疑者』が妊婦の女性患者に対し強制性行をし逮捕されました。

この職権を悪用した許されざる行為は複数繰り返されたようで、更には今回の被害女性だけでなく余罪もあるようです。

世間の反応や矢追医院の口コミなども交えながら、鬼畜医師「矢追正幸容疑者」について徹底的に調べてみました!

矢追医院の院長・矢追正幸のプロフィール

Facebookに掲載された矢追正幸容疑者のプロフィールは以下のようになります。

矢追正幸医院長(55歳)は獨協大学卒業後、獨協医科大学付属病院に勤務医として働きます。

その後1995年7月5日に事件現場となった足立区江北に自身の病院「矢追医院」を開業しました。

水曜と金曜は休診の矢追医院ですが、働く女性のために土日も診察を行っていたようです。

矢追医院の口コミ

今回の矢追院長の逮捕の報道を受けて、インターネットでの口コミを探してみました。

レーザー治療のためか、
値段を聞いたら何十万といわれ、
そんなお金はないといったところ、
移された相手に出してもらえと先生が言いました。

正直愕然としました。

私の状態が悪かったのかもしれませんが、
相手に出してもらえとかをいうのは、
医者としてありえないと思いました。

産婦人科と併設している矢追医院の美容科の口コミでしょう。

悪質な様子が伺えます。

先生は男性で優しい雰囲気の方ですが、
とにかく説明が少なく
自分の抱えている症状については知っていて当たり前とばかりに、
何一つ先生の方から積極的に教えてくれることはありませんでした。

質問事項を箇条書きにして持っていって質問しましたが、
めんどくさそうに答えるので、
こちらも聞くべきことをいくつか端折ってしまい、
聞きたいことも聞けずに診察を終えてしまいました。

なんだか、矢追正幸院長の頼りない感じがわかりますよね。

今のまま自然妊娠はできるか?

と聞くと、

成績の悪い子が何も勉強せずに東大に合格できますか?

と質問しているのと同じレベルの質問ですよ

っと言われました。

ショックで泣いている患者に対して言う言葉とは思えません。

うーん、これでよく矢追医院が潰れなかったな、と思いますが、矢追院長、これはないでしょ。

また、その他の最近のインターネット上の悪い口コミは一切削除されているなど、悪質な一面もみられます。

しかし、平たくいうと、優しい雰囲気というか、いい人の感じではあったようです。

矢追正幸院長が妊婦に性的暴行をした理由は?

矢追正幸容疑者が妊婦に強制性行を行うという鬼畜のよおうな所業は許されるものではありません。

矢追正幸容疑者は

「先生の事を好きと言ってごらん」

などといい、被害女性の胸や下半身を触ったり、キスなどのわいせつ行為をし逮捕されました。

実際にわいせつ行為をおこした理由は「好みのタイプだったから」だと言っているそうです。

まがりなりにも、女性の健康と身体を守る産婦人科の医師であり、医院長が行う行為とは思えない卑劣なものです。

通常、どんな病院でも看護師などがアシスタントとして診察に同席するものですが、この矢追正幸容疑者は医院長の威厳でそれをさせなかったのでしょうか?

患者さんと矢追正幸容疑者が2人きりになるような状況を作り上げたとしか思えません。

矢追正幸容疑者は、このわいせつ行為を診察室の奥の部屋にあるベッドで行ったようで、やはり看護師の見えない環境を意図してつくっていたものと思われます。

こちらが妊婦を強制性行したとされる個室です↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

この閉鎖された空間では、助けの呼びようもありません。。。しかも妊婦さんですから、暴れるわけにもいきません。

辛かったことでしょう。

変態産婦人科医院長、矢追正幸逮捕に世間の反応は?

医師として、人間として「妊婦への強制性行」というあるまじき行為を行った矢追正幸容疑者が逮捕され、世間ではどのような反応があるのか見てみました。

そもそも、それ目的で産婦人科医になったのではないかと思う。他にも余罪があると思う。

ロリコン教師やAV同然の医師とか。抑止力になるような、厳罰を与えることは出来ないものか。

は?妊婦さんに?は?看護師が周りにいないっておかしいだろ〜よ!妊婦さんと二人きりだったってこと?は?状況が読めない。妊婦さんどれほど怖かったか。。。お腹の赤ちゃんは大丈夫だったのかなぁー?

こういう人に命を預けたくない。
妊婦に暴行なんか2人分(場合によってはそれ以上)の命を貶してるもの。
医師免許剥奪でいいでしょう。

医師免許剥奪して、重い罪をお願いします。
こういうことがあると、男性医師がやっているレディースクリニックに行きにくくなります。

性犯罪の刑が軽すぎるんだよな。
殺人は勿論悪い事だが中には正当防衛やら情状酌量の余地がある場合もあるが、性犯罪には一切ないだろって個人的に思う。
1度捕まったら二度と外には出れないくらいの重罪でいい。

どう言う状況か分からないが、あり得ない。
妊婦さんも、今後精神的にかなり辛いと思う。
もちろん御家族も。。。
看護師近くに居るよね?
性交出来る状況かなぁ。
とにかく、この医者は免許剥奪しないといけない。

数年前に受診したことがあります。
当時は看護師が一人もおらず、受付の方と先生しかいませんでした。
何だか癖のある先生だなと思い、通院することはありませんでしたが…。
現在も当時のまま看護師がいない状況だとしたら、監視の目もありませんから被害者の方も怖い思いをしたことでしょう。
厳罰を望みます。

信じられない。
ただでさえ大変なのにそんな心と体に傷を負わせるなんて。これからまだお産を控えていて受診しないといけないし…
被害者は一生トラウマになりかねないのだから捕まったからと済む問題ではない。鬼畜。

矢追正幸容疑者の卒業した大学を見ましたが、この大学出身の医師に運悪く当たった場合は通院をやめることにしています。この大学出身の医師の診察を受けて、誤診だとかろくでもない経験をしてきたからです。
やはり、こういう大学にはこういう人物しかいかないのですね。

美容で足立区では知られた病院です。妻も通っていた事があるのでびっくりしました
妻は病院にいる人は変な人が多いと言っていました
そもそも、個人経営の事業所はボス色に社員が染まるのでやはり院長が変態だったのでしょう

妊娠してた時は、男の先生に診てもらう事に嫌だと思いつつも、先生だから大丈夫と思ってましたが、この様な事件があると、やはり気持ち悪く感じてしまう。
やはり、女の先生が同性として、安心する。

医者も信用できない世の中です。
自衛手段を講じて身を守るしかないですよね。
一番楽かつ安全にとれる手段としては、旦那が検診に立ち会うことです。妻を一人にしない。俺はそうしてる。

しっかりと家宅捜索すれば色々と出てくるだろう。
出てきたらもう、そいつは二度と社会に出さない方がいい。
決して、止めないから。
必ず繰り返すから。

気持ち悪い。ちゃんとしてる先生もいるんでしょうけど、こういう事があるから!乳がん検診、子宮ガン検診は女性医師または女性看護師さんがやってくれる所しか行きません。

医師としての信頼を失墜させたかどで医師免許剥奪という事には成らないですよね。医師として立ち直れなければ、免許剥奪が妥当だと思いますが、刑が重すぎますかね。
成りての無い産婦人科医でレイプ犯だとするとレイプされてでも医者に診てもらうしかないのか。

医師会には政治力が強いので、事件を起こしても医師免許の取り消しは、ほとんどありません … 少し時間をおいて大甘処分で、すぐに医療行為を再開します … 処分は名目だけで、実際に医師にペナルィーはありません

酷い!妊娠期間の性行為はとてもリスクが高いんです!感染症や最悪の場合流産もあり得るんです。医師なら尚のこと分かってるはずなのに、酷すぎます。極刑を!

警察には他にも同様の被害が寄せられているらしい。
間違いなく医師免許剥奪してください。
それをしないなら、日本の医療の信用は失墜します!

産科・婦人科では診察の際、女性看護師(又は医師)の同席が義務付けられています。
つまり、医師が一人で診察しようとする病院は『おかしいぞ』と警戒してください。
まぁ、私なら看護師の同席がない病院なんて二度と行きませんが…。

被害者、赤ちゃんはもちろん、この医師に過去に診察受けた人、この産院で産まれた人、この医師の下で働いた人など、関わった人みんながショックうけるはず。許せない。

密室状態での立件は難しかったと思います。被害者の勇気有る行動に脱帽いたします。

医者にも診察する時、録音、録画が必要な時代になってきた。わいせつ、暴言、誤診、嘘から患者を守る必要あり。

「タイプの女性だった」
そっかぁ~自分のタイプの女性が目の前で性器を露にしてるんだから理性も吹っ飛ぶのも仕方ないわな!
て、なると思ってるのかな?

気持ち悪すぎる。
この男のせいで、産科の医師は訴訟が多い、忙しくてなり手がいない中、頑張る医師たちを侮辱している。
ただでさえ、診察もデリケートなものなのに、嫌なイメージしか与えかねないし、本当に最悪

金もらって性欲を満たすとは、少なくとも20年はやってたのか!
好みの患者は手懐けられたのか?
泣き寝入り患者は多いだろうな~ この医者のペニス切断の刑にしないと駄目だ。

全ての意見が厳しく矢追正幸容疑者を断罪するものですね。

矢追医院はこのまま継続していくのでしょうか・・・。

医師会に通報しても、結局は医師からの援助(医師が医師会にお金を上納しているため)でなりたっているため、問題をおこした医師は守られ、もみ消しにされる事も多いのです。

実際に被害にあわれた方は泣き寝入りせず、勇気を持って警察と厚生省に直訴する事をおすすめします。

まとめ

矢追正幸容疑者は「矢追医院」の開業医師という立場を悪用し、妊婦にたいして強制性行を行って逮捕されました。

矢追医院が開業から20年も経っていることから考えても余罪が山ほど出てきそうです。

被害に会われた女性も勇気を振り絞って告発してください。

また、この矢追正幸容疑者のような医師が他にも居ないとは限りません。

産婦人科を受診の際には、かならずパートナーである男性が付き添ったほうがよさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA