リュウ博士の「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」から得たグチもOKな神社との付き合い方・書評

この記事は3分で読めます

 

どもども、lenachamaでっす。

最近、起業コンサル系、自己啓発系、スピリチャル系の界隈で話題になってる本、

「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」

が気になりすぎたので、kindleから入手した。

そこから得た事が意外と大きくて、

結構私も神社には行っていたものの、

付き合い方の詰めが甘かったなぁ、と実感したのよねぇ。

早速、何が良かったのか、という事も含めてまとめて行きたいと思いまっす!

著者・リュウ博士こと八木龍平氏について

スポンサードリンク

まず、面白かったのはこの人の経歴というものです。

13178607_1044668185610812_1238413812287658943_n

八木龍平(リュウ博士)

1975年生まれ
京都出身
同志社大学卒

この方の面白いところは科学者であり、スピリチャル的な霊能者でもあるというところ。

ちょうど、右脳と左脳がきちんと動いてる感じですね。

落とし所が非常にうまいし、文章も組み立て方が非常に素晴らしいのは

その右脳と左脳のバランスが良いのだと感じました。

 

意外と知らない参拝の仕方やマナー

10072217503

これは私もショックでしたねー、

意外と神社には行ったりしていたので、

参拝の仕方はまぁ、二礼二拍一礼を基本にやっていたんだけれども、

それだけではなかった!!

リュウ博士によると

  1. 参拝する神社の歴史や祀りごとを大体で良いので知る
  2. 参拝の時に参拝に来れた感謝を述べる
  3. 自分が何者か、住んでいる住所を知らせる
  4. 「祓いたまえ、清めたまえ」と言う(念じる)

と言う事なのだそうな。

1.参拝する神社の歴史や祀りごとを大体で良いので知る

これは、愛すると言う事=知る事と言う定義から出てきた事で、

どんな歴史でどのような経緯で、どのようなものが祀られていて、と言う事を

予習しておくだけで、神様からの注目度が変わるのだそうだ。

確かに、何にも知らないのに、いきなりお願い事されるよりも、

きちんと知った上で、尊敬と愛を込めてお願い事をされた方が、

気持ちをかけたくなるよね。

そう、神様も人間のコミュニケーションと同じ。愛情を持って接する事が必要であると言う事だそう。

2.参拝の時に参拝に来れた感謝を述べる

最近、私の父親が事故で入院した。

突然当たり前に起きて、自分の足で歩いて、立って、と言う事ができない状態になってしまったのだ。

当たり前に健康なことってなんて素晴らしいのだろう、と思った時、

そんな時にこの言葉にめぐり合い、本当にそう思った。

私は父の健康と治療の成功を心から祈るために、神社に参拝に行ったけど、

まずは自分が家族が健康でこの神社に参拝している事、そのことに感謝しなくてはいけない、

そう改めて思ったんだ。

3.自分が何者か、住んでいる住所を知らせる

私自身、とても不思議ではあった。

神様たるもの、テレパシーみたいなもので、私が誰か、特定しているのか?

なんて思ったり・・・。

子供が生まれる時、生まれた時のお参りのお祓いの時は、

住所と名前を書いて提出するわけなんだけど、正にあれも神様にその情報を渡しているわけで・・・

そう考えると自分がどこにいる誰なのか、と神様にお知らせするのはとても合点がいった。

だけど、ブツブツ言ってると怪しいので、心の中で述べるので良いそうです(笑


成功している人は、なぜ神社に行くのか?八木龍平 

amazon_btn rakuten_btn

4.「祓いたまえ、清めたまえ」と言う(念じる)

これも知らなかったなぁ。

もっと長いんだけど、これをまずは言えば良いそうです。

祓って、清めて、それから叶える、これが神社でのプロセスだそう。

まぁ、本によると、神社には祓う仕掛けがたくさんしてあって、

お水で手を洗って清めるのもその1つ、

多くの山道が砂利道になっていて、そこで邪気を払う仕組みになってるのもその1つ。

まずは綺麗にしてから、綺麗な心に願いを叶えていくということ。

うん、理にかなってます。
スポンサードリンク

格好つけなくて良いんだよ、グチだって言えばいい、神社で祓おう

%e7%a5%9e%e4%b8%bb-1024x576

この本を読んで、氏神などの近所の神社で愚痴を言ったって良い、と書いてあるのに

衝撃を受けてしまった!!

なんとなくだけど、私自身、神社に行った時は、無理して、ってほどでもないけど、

背筋を伸ばして、綺麗な心であろう、良い子であろう、としていた自覚があったので。

人間、そんなにできた存在ではない。

心があり、喜怒哀楽、妬み、嫉み、色んな感情がある。

それを神社でこぼしていい、それを清めてくれるのも神社の役割なんだそうな。

確かに、自分に蓋をして、良くあろうとして、壊れそうになっている人を見た事がある。

吐き出す事は非常に大事で、それを清めれば良い、

それを神社でやれば良い、という事だった。

早速、父の病状のことで、気を病んで、自分を責めている母に伝えた。

自分に蓋をしなくて良い、心の大掃除をすれば良い。

そして、それを祓って、清めれば良いんだよ、と。

それを聞いた母は早速神社に行ったらしい。

Amazonの評価は散々だったけど・・・


成功している人は、なぜ神社に行くのか?八木龍平 

amazon_btn rakuten_btn

私自身、この本を買おう!と思って、amazonにすぐにアクセスしたわけだけど、

コメントのところを見ると結構けちょんけちょんに書かれているのを見てビビった、

根拠のないスピリチャルなことばかり、とか科学者とかなのに、

成功例とか言って歴史上の成功者を出されても・・・とか

確かにスピリチャルな事に抵抗がある人は、インチキくさい、としか思えないかもしれない。

だって、神社に対しての考え、神様、という存在のデフォルトが違うからね。

でも、私はスピリチャルなものがもともと好きだったので全く抵抗なく、

スラスラとページが進んでいった。

そして、自分はまだまだだ。でも、高めていきたい!と思った。

もしも、興味のある人はオススメです!

神様、というのを人間に変えても人との付き合い方のヒントが沢山載ってる素晴らしい本!

と思った次第っす!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめカテゴリー記事

2003年1月
    9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031