[パパ・ママ必見!]赤ちゃんの知育おもちゃの選び方

この記事は2分で読めます

 

 

みなさん、こんちは!

lenachamaです(^^♪

 

みんな、子どものおもちゃてどういう基準で選んでる??

色んなおもちゃが出てるから、ついつい買っちゃったりするけど、

もちろん数あれば良いって事はないのは分かってる・・・。

だけど・・・

値段が手ごろだとついつい買っちゃったりするよね~。

重ねてばあさんだったり

友達だったり、

親戚だったり、

いろんなおもちゃがわんさか増えがち・・・。

 

いざ自分で買うっていう時、選ぶポイントさえきちんとしていれば

まよわず買えるよ!!

 

てな訳でおもちゃの選び方や遊び方をまとめてみました!

 

子どもの知育おもちゃは親が気に入った物を選ぼう!

おもちゃは親と子どものコミュニケーション・ツール

つまりは自分が面白い、とか気に入ってる!

という気持ちが子どもにもダイレクトに伝わる

そう、そのおもちゃで喜んでいるパパやママの姿を見るのは

赤ちゃんも楽しい!!

逆に言うと、

あまり自分の好みじゃないけど

子供に合いそうだから買うかな~?

というのはNG!

子ども見くびっちゃダメ!!

全部、そういうのも伝わるから・・・。(経験済み)

 

子供の知育おもちゃは遊び方のバリエーションが豊富な物がベター

ひとつのおもちゃでたくさんの感覚を刺激できるか?

これは大きなポイント!!

 

積み上げる

集中力がアップし、

積み上げる事でバランス感覚や手先の器用さなどが

鍛えられる!!

cup

鳴らす

色んな音が出るおもちゃは

赤ちゃんの聴覚の発達に良いし、

赤ちゃんは音が出るものが大好き!!

chime

 

握る

握ることによって

力の加減を覚えたり、

手の筋力、握力を鍛えられる!

image

 

こうやて五感を刺激する要素が詰まった、バリエーションが多いおもちゃだと

脳が活発に活動して、

心身ともに成長にもつながる!!

前回に触れたボーネルンドのオーボール・ラトルもそう!

オーボール・ラトルの記事はこちら

 

子どもの知育おもちゃには手動のものを!

ボタンを押せば勝手に動くおもちゃも子供は楽しいけど

なるべく自分で動かせる方が

子どもの思考力や探究心が育つ

自分の手でいじりながら

どうやって遊ぼうか考える過程こそが

育脳には大切なポイント!!

 

知育おもちゃとして日用品も取り入れる!

子どもって親の真似をするのが大好き!

いきなり自分と同じ口調でしゃべったりw、

ふとした仕草を真似しておかしくなっちゃうw。

それは子どもにはパパママと同じようなことをしたいな、っていう

探究心があるから。

ティッシュ・鏡・携帯電話・新聞などなど

安全なものは触らせてあげると喜ぶよ!

これも育脳の一環!!

 

子どもがその知育おもちゃに飽きても捨てないで!

赤ちゃんや子どもってタイムラグがあって、

初めは全然興味なさそうなのに、

急に興味を持ち始めたり、

楽しそうに遊んでても急に飽きたり・・・。

でも、飽きたからと言ってもそれが続くとは限らない!

また時間をおくと

急にブームが再来していたりするw。

これも成長している証拠!

面白さを再発見したり、違う感覚が面白くなったり!

だから、おもちゃはすぐに捨てずに少しお休みして様子見してみよう。

 

まとめ

色んなポイントがあるけど、とにもかくにも自分が面白そう!と思うおもちゃ、

これが本当に大切な気がする。

結局、おもちゃ箱を整頓する時も親の好みが随分左右されるわけだし。

子どもからしたら、おもちゃも楽しいけど

親と遊べるその時間が楽しい

訳だしね!

もしもプレゼントで上げる時にも、親が好みそうなおもちゃ、

という目線があると、

そのおもちゃはきっと重宝されるはず!!

もしくは思いつかなかったら

おもちゃ券という手もアリ!

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめカテゴリー記事

2002年1月
    9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031