土用丑の日2016はいつ?鰻の旬は冬?健康にいいの?うなぎだけが土用の食べ物じゃない!間日って?

この記事は3分で読めます

 

どもども、lenachamaでっす!

ウチの近くにうなぎやさんがあるんだよね。

そんなにしょっちゅう行けないけど、こういう時に嬉しいのが日本の行事ごと!

行事に乗って「やらなくちゃねぇ〜」ってな程で推し進めるのが我が家の暗黙のルールw。

そんな土用丑の日についてまとめてみたわよ〜〜!

 

2016年土用丑の日はいつ?

2016年の土用丑の日は

7月30日(土)

去年は2回あったんだけど、今年はたったの1回!

こりゃ、スーパーのうなぎコーナーも大混雑間違いなし!w

 

でも、この土用の丑の日は実は夏だけではないのよね。

季節ごとの春・夏・秋・冬に存在し、2016年は以下の日にち:

  • 冬:1月20日(水)、2月1日(月)
  • 春:4月25日(月)
  • 夏:7月30日(土)
  • 秋:10月22日(土)、11月3日(木)

スポンサードリンク

 

土用丑の日のうなぎの由来はあの人のPR作戦!?

250px-A_Portrait_of_Kyūkei_Hiraga_cropped

いや、これびっくりしちゃったんだけど、

土用丑の日にうなぎを食べる由来って平賀源内が考えた広告戦略らしいのよね。

遡るは江戸時代・・・

夏にうなぎが売れなくて困っていた源内の友人が相談して、

「源ちゃ〜ん、ちょっとどうにかならね?」(想像上の会話)

って事で、源内が考えた案が

「『本日、土用丑の日』って店に貼っとけば、何か、『え?食べないとまずくね?』って感じになるんじゃね?」(あくまで想像上の会話)

という事だったらしい。

その結果、これが効いて大評判!

源ちゃん、世が世なら電通か博報堂の敏腕プロデューサーだったかもね。

(その前に源ちゃんは一応、蘭学者なんだけどね・・・w)

これをこぞって他のうなぎ屋も真似して、すっかり夏の土用にうなぎを食べるのが定着したらしいね。

だってさ・・・

よく考えたらうなぎの旬って冬だよね・・・。

 

だよね・・・。

 

 

きっとうなぎ屋のおやっさんも夏に経営困難になってたんだろうなぁ・・・。

乙!

まぁ、そんな平賀の源ちゃんのお陰で便乗してウチも土用の丑の日にはうなぎを食べてるんだけどね。

 

 

土用丑の日、うなぎじゃなくてもいいですから!

えええええー!これは家族に知られたらマズい!w

って思っちゃうネタ!!

いくらうなぎが値上がりしてるから、ってアンタ!困るわよ!

 

もともと夏の土用は、厳しい暑さを乗り切るために

「う」のつく食べ物で精をつける風習があったんだとか!

うなぎ

bisyoku_ichi_01

まずはご存知土用丑の日と言えば・・・のうなぎ。

栄養も豊富だし、夏バテにもってこい!!

 

梅干し

godaiume_001

うなぎとは相性が悪そうなこちら、梅干し。

うん、確かに好きだけど、これが土用丑の日だと言われると・・・・なんかプチ寂しい www。

でも、食欲増進もするし、

クエン酸たっぷりで「お疲れ酸クエン酸」って感じで疲れが取れるのよね。

 

うどん

ダウンロード (13)

香川人の私にとっては都会で讃岐うどんを食べるのは最も贅沢なことの一つだね。

さっぱりしていて、夏も食べやすいよね。

冬も美味しいけどね。

春も秋も変わらず美味しいけどね・・・www。

 

瓜(うり)

d1593-304-270136-0

きゅうり、スイカ、かぼちゃ、冬瓜、苦瓜などね。

栄養も高いし、夏は体を冷やすのと、利尿効果があり!

 

土用餅

doyou

これ、単にあんころ餅なんだけど、土用の日に食べるのでこの名がついたらしい。

力持ちのお餅と、あずきは厄除けと言われていて、

食べると無病息災で過ごせると言われているんだとか。

あずきは夏バテにも良いとされているし、疲れも取れるので土用じゃなくても良さげ!

 

間日って何???

まず、これ、間日(マビ)って読むのね。カンニチって呼んでたわw。

で、土用の期間の中で特別に設けられた日のことを言うんだけど、

土用は、土公神という土の神が支配する期間とされたため、動土、穴掘りなどが忌み嫌われていたらしい

だけど、一般の仕事に支障が出るために、間日が設けられる。

この間日には、土公神は文殊菩薩に招かれて天上に行くので、地上にはいなくなるという。

ちなみに2016年の土用の間日は:

冬土用:1月18日~2月3日
春土用:4月16日~5月4日
夏土用:7月19日~8月6日
秋土用:10月20日~11月6日

気になる人は、この間日には土いじりしないようにね!

 

 

まとめ

うーん、何だか土用の丑の日のうなぎがうなぎ屋の苦肉の策だったと考えると

なんか、感慨深いものがあるわねぇ・・・。

でも、やっぱり流れに乗って、今年もうなぎ食べるんだろうなぁ。

わざわざ旬じゃない時に・・・www。

上で紹介した「う」のつく食べ物は、土用じゃなくても取り入れたい食材よね。

うちの子どもも暑くても外で走り回りそうなので、

うまく取り入れて、美味しく健康に夏を乗り切るわよ!!

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめカテゴリー記事

2003年1月
    9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031