滝沢カレンの日本語はやっぱりわざと!母も公認?インスタでもおかしいぞ!

この記事は3分で読めます

どもどもlenachamaでっす!

最近ハーフタレントさんとか、

モデルからタレントさんへ転向する人が多いよねぇ。

ローラとかダレノガレ明美とかはその中でも群を抜いて、

ちゃんと自分のキャラも確立して、

ローラとか、ものすごいブランディングで、

ハリウッドも出るわ、本も出すわで、

なんか、バカっぽいのにかっこいいじゃん!!的な感じで

今は何やってもオッケー状態まで確立した人だと思うよね。

そして、今回、ちょっとまたハーフのモデルさんで、

色々な意味で話題の人が・・・・

はい、

滝沢カレン

さーーー、深く掘り下げていきまっしょい!!

滝沢カレンのプロフィール

スポンサードリンク

さてさて、まずはプロフィールから

生年月日:1992年5月13日
血液型:AB型
出身地:日本・東京都
身長:170cm
スリーサイズ:81-58-85
所属事務所:スターダストプロモーション

そんなわけで滝沢カレンさんはJJの専属モデルさんですね。

もう、見た目はハーフタレントというよりも、ほぼ外人。

調べていくと、父親がウクライナ人で母は日本人のハーフですね。

女性は父の顔に似る傾向が強いよね、どうしても。

なので、父方のウクライナの風貌が強く出ているのでしょう・・・

っていう印象。

ウクライナ出身の有名人といえば・・・

ミラジョボビッチとか!

ウルガ・キュリレンコとか!

とにかく、ウクライナの女性は美人が多いで有名!

羨ましい限り!!

滝沢カレンの日本語に対する母の証言と父の存在

実は、この滝沢カレンさんの母親が過去にテレビに出演して、

滝沢カレンさんの日本語のおかしさについて、弁明というか、

公認するような証言をしているとのこと。

それは2015年の11月に「行列のできる法律相談所 人生の後悔告白SP」に

滝沢カレンさんが出演していた時のこと。

仕事がロシア語の通訳だったため、

幼い頃から周りにはいつも「日本語が片言なロシア人」ばかりという環境だった

この日本語が片言なロシア人・・・という中に

滝沢カレンさんの父親のことの含まれているのか・・・・???

滝沢カレンさんの父の存在については謎ですが、

(とくに滝沢カレンさん自身が父のことについても語らないので)

母を含めた家庭環境の中で、日本語が片言なロシア人が多かったのでしょう。

滝沢カレンさんの母はバレエ教室を経営されているそう。

バレエといえばロシア!というほどに、バレエとロシアは切っても切れない縁。

もしかしたら、滝沢カレンさんの母親はバレエ留学していたのでは??

と思ったり。

そこでロシア語が堪能になって(その途中滝沢カレンさんの父とも出会い??)

帰国後はロシア語の通訳の仕事もしていたんじゃないかなぁ、と勝手に想像。

でも、めちゃしっくりくるわw。

滝沢カレンさん自身もバレエを習っていたみたいなんで、

滝沢カレンさんの母の元でレッスンを受けていたのかもね!

それでもやっぱりおかしい滝沢カレンの日本語

そんな滝沢カレンさんの母親がテレビに出演まで熱弁した

滝沢カレンさんの日本語がおかしい理由・・・。

とはいえ、滝沢カレンさん、

生まれてこのかた、24年間も日本で生まれて育ってます。

しかも、語学に関しては母の影響とか父の影響とか関係なく、

滝沢カレンさんが話せるのは日本語のみ

ということで・・・

いやいや、日本語もおぼついてないし!

というツッコミが全国から寄せられている模様・・・w。

そんな噂が飛躍して、

滝沢カレンは言語障害とか

滝沢カレンは失語症であるとか

色んな噂が飛び交ってる〜〜〜!

滝沢カレンさん、もしも日本語の話し方がわざとならば、

少し考え直した方が良いかも〜〜!

ゆうこりんじゃないけど、その内絶対無理が出てくるし、

女優さんとかの仕事も来なくなるよ〜〜!!

滝沢カレンのインスタでも・・・

フォロワー数が21万人を超える人気の滝沢カレンさんのインスタ!

こまめに滝沢カレンさんの撮影の舞台裏や、

プライベートな部分が垣間見れるような写真が沢山投稿されてます!

写真はしゃべらないからねw。

でもでも・・・・

滝沢カレンさんのインスタの自己紹介部分も・・・なんかちょいおかしい。

滝沢カレン/karen takizawa

JJモデルとして生きてます♡

オシャレとお料理とダンスが大好きです♡ハローエブリワン!とっておきの時間をお伝えしていきますよ!

みんなでエブリデイ笑い合いましょ♡ jj-jj.net/special/201609_cover

うーーーん・・・・

なんか、意味が分からないことはないんだけど、

なんか、やっぱり怪しい・・・www。

これ、外人が書いたんだよな?って思えば

頑張って外人が書いてる絵が想像できるけど、

日本語しか話せない、日本で24年間育った人が書いてる・・・となると

やっぱり無理があるよね・・・。

まとめ

そんな訳で、最近、バラエティ番組によく出演しているハーフタレント、

滝沢カレンさんについて色々と掘り下げてみましたが、

やっぱり、日本語のわざと感はどうしても拭えないですねぇ。

で、マジだとすれば、ちょっと頭悪いが通り越して、障害と言われるのも

無理がないような気がしますです・・・。

同じくモデルでハーフの森泉さんとかも、

突拍子もないことを言ったりするけど、一応ちゃんとしてるし。

ハーフ=突拍子もない

みたいな風潮は分からないでもないけど、

是非とも先輩陣たちを見習って、わざとらしい日本語を超えた

キャラ作りに励んでもらいたいな、と思った次第!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめカテゴリー記事

2003年1月
    9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031