嫌われる勇気 1話の感想・ネタバレ・視聴率は?香里奈の復活に期待!

この記事は4分で読めます

どもどもlenachamaです!

いよいよ!!この日がやってきました!

「嫌われる勇気」

の第1話の放映日。

私も原作を読んで、始めはとっつきにくいなぁ、と思いましたが、

どんどん読み進める内にハマっていき、

最後には妙な爽快感があったのを覚えています。

主演・香里奈の復活祭になる!と話題のこのドラマ

早速第1話について掘り下げていきましょう!

 

嫌われる勇気・第1話の公開されてるあらすじ

 

スポンサードリンク

心理学者、アルフレッド・アドラーの心理学を読み解いた同名書籍を原案に、

孤高の女刑事の活躍を描く。

刑事の庵堂蘭子(香里奈)は有能だが、他人からどう思われているかを気にしない1匹狼。

正義感の強い新人刑事の青山年雄加藤シゲアキが念願の捜査一課に異動になるが、

蘭子とコンビを組まされることになる。

青山は蘭子と捜査に乗り出すが、携帯電話を持たない主義だのなんだので、

自分勝手に捜査をする蘭子に振り回される。

そんな蘭子の存在に疎ましく思う青山。

そんな時に青山の携帯が鳴り、第二の殺人が起きたと告げられる。

蘭子は青山の携帯を取り上げ情報を得ると、現場へ急行する。

第二の被害者もモデルだった。鑑識課の梶準之助(正名僕蔵)と、

刑事の浦部義孝(丸山智己)が遺体を調べているところに、

蘭子と青山が到着。浦部はふたりに周辺の聞き込みに行くよう指示するが、

蘭子は無視して遺体を調べ始める。

さらに蘭子は、遺体を見た帝都大学医学部助教の相馬めい子(相楽樹)が明かした見解も、

安易な妄想だと一蹴する。

別の日、モデル連続殺人事件の捜査会議が開かれ、

刑事の小宮山正明(戸次重幸)が概要などを説明していた。

捜査に関わる刑事が勢揃いするなか、蘭子は参加せずにパソコンに向かっていた。

マイペースな蘭子に、青山はうんざり。半田に相談すると、別の任務を与えられる。

青山が訪れたのは帝都大学の研究室。

そこで犯罪心理学教授の大文字(椎名桔平)に会う

蘭子の知り合いである大文字は、蘭子を理解するには、

「アドラー心理学」を知る必要があると話し始めた…。

嫌われる勇気・第1話のネタバレあらすじと感想

庵堂蘭子の少女時代から始まるドラマの冒頭。

川辺に同じ学校の子供達と遠足に来たような風景。

そこで見たものは・・・・

ラストに同じ場所で現在の蘭子出てくる。

そして、分かったのは、18年前、

幼い小学生の蘭子が誘拐されたのだという事・・・。

そして、蘭子は言う

「私のとって、ここは始まりの場所」だと。

 

最初、香里奈の顔がアップで映った瞬間、

「うわ!肌ツルッツル!」

とドラマではなく、香里奈としての存在にびっくりしたw。

まぁ、今回は1回目という事もあって、人物紹介をしながらの

ストーリー展開でしたね〜。

でも、残念ながら、今回の犯人。

私の確信通りでした・・・w。

だって、主張しすぎなんだもん、石田ひかり・・・www。

偽物感というか、怪しさ、というか、そういうのが溢れてて。

逆に演技がうまい、って事なのかもしれないけど。

最後、蘭子が石田ひかり演じる植村に犯人だと言い、

その上

「自分の不幸自慢をしている」

とか結構な事をズバズバ言うわけだけど、

「このコートは偽物ブランドで、貴方の身の丈にあった正に貴方そのもの」

と言い放つ蘭子。

もうここまで来ると、正直な女を通り越して

ただのイヤな女になってた・・・w。

流石にそのコートの件には石田ひかりもブチ切れて、

蘭子に襲いかかるわけだけど、その手は簡単に払われる。

カッコよすぎるでしょ、香里奈・・・こと蘭子。

同じ女子会に入ってた、本当の自分の気持ちを言い出せない女。

彼女もそんな蘭子の言葉に追い打ちをかけるように

「不味かったです。あのコンブチャ、不味かったです」

と、同じ女子会で一緒に作ってたコンブチャの話を!!

今言わんでもよろし!

と私の心はツッコミを入れてましたw。

でも、やっぱり香里奈演じる蘭子はカッコイイなぁ、と。

あと、鑑識役の相楽樹が演じる相馬めい子

やっぱり壇蜜にソックリだったw。

フェロモンの出し方とかも、なんか、逆に相楽樹ちゃんも壇蜜を意識してるのかな?w

遠目にカメラが引いた時、

相楽樹ちゃんのスタイルがめちゃくちゃ良くてビックリしました!

相楽樹についての記事はこちら!↓

相楽樹の読み方、本名は?嫌われる勇気で監察医・相馬めい子役!壇蜜に激似?

今回は1回目なので、あまりキャラが見えてこない部分が多かったけど、

あ、加藤シゲアキさんは良い感じの新人さんを演じてましたね。

これからどんなバディーになっていくのか非常に楽しみ!

新人刑事・青山役の加藤シゲアキさんについての記事はこちら↓

加藤シゲアキは小説家で改名?嫌われる勇気で青山刑事役!演技・性格は?
スポンサードリンク

嫌われる勇気・第1話のファッションチェック!

今回は一匹狼の女刑事という事で、パンツルックメインの香里奈が演じる蘭子。

こういうファッションチェックもドラマならではの楽しみ!

特に香里奈というモデル出身の女優さんだと、同じ服も映える〜〜!

そして、やっぱりドラマを見ると、

香里奈ってスタイルいいわ〜〜・・・。

トレードマークでもあるベージュのトレンチコート。

これはヴィトンなのかなぁ???

とおもっていたら、このトレンチコートの裏地がチラリと見えた。

このトレンチコートはヴィトン??

それにしても、このトレンチコートの下に黒いパーカーをかまして

大人カジュアルに魅せるコーディネート、

流石だわ〜〜。

同じトレンチコートでも、キメキメにならないのが

香里奈、というかこの蘭子の雰囲気に物凄く合ってる!

今回、それとは真逆の雰囲気だったのは

南野陽子が演じるアラフィフモデル・天野真紀。

もう、デビ夫人みたいな格好だもんね。

逆に下品

こりゃ、人気も落ち目になるわな、と思ってしまった(役柄ね!)

嫌われる勇気・第1話の視聴率

平均視聴率

8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

嫌われる勇気・第1話のツイッターなどSNSの反応

今回、リアルタイムに嫌われる勇気・第1話を見ながらツイッターを見てたんだけど、

ものすごい数のツイートがリアルタイムでツイートされてましたねぇ。

そして、面白かったのが、やはりこの「嫌われる勇気」の原作に興味を持って

ドラマを見ている人。

各俳優陣のファン、(特に加藤シゲアキさんね)が混在しながらツイートするという・・・。

アドラー心理学と精神医学は対立する部分が多い様です。
アドラーは「トラウマは存在しない」「嫌われる勇気を発揮すれば今、変えられる」という「力」の心理学ですが、躁鬱病では「トラウマフラッシュバック」という単語も使い「できないことを認める」ことから始めます。
これは相当な部分対立します。

とか

毎週こんなにかわいいかわいい青山くんに会えると思うと3ヶ月しあわせに生きられそう♡

来週もたのしみ!

とにかく、色んな意味で大フィーバーでしたw。

こんな意見も

ただ率直なドラマの感想としては全体のストーリーの起伏が少々薄いのと
犯人の動機と殺害方法と推理結果に少々つっこみどころあり。
初回は説明回で心理学が蘭子の人物像に適用されてたからかもしれない。
心理学と捜査が絡んでくればもっと面白くなりそう。

私の感想とこの人と同じかなぁ。

嫌われる勇気・第1話のまとめ

さて、今回は嫌われる勇気、第1話という事で、15分拡大で、

色んな意味でこれからが楽しみ、という雰囲気でした。

蘭子のこの性格、というか生き方、変な捉え方をして、

みんながみんな、バシバシと失礼な事を言い放つ女子が増えたらどうしよう・・・

とちょっと考えてしまうlenachamaでした。

これからも「嫌われる勇気」のドラマのネタバレあらすじ、

視聴率、個人の感想、SNSの反響などを続けていくつもりでです!

宜しければブックマークを是非是非お願いします!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめカテゴリー記事

2004年1月
    9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031